【19卒】就活前にやるべきことを全力でまとめてみた

就活を意識し始めるものの、いざ就活対策を始めようにもよくわからず、何から手を付けてよいかわからない方は多いのではないでしょうか

そこで、今回は就活前にやること・準備すべきことをまとめてみました。私の就活経験に基づいて必ず就活に役立つことを厳選したので、一読することをオススメします!是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

※今すぐ無料登録すべき就活サイト『Unistyle』

girl-388652_960_720

就活サイト『Unistyle』は就活生全員が今すぐ無料登録することをおすすめします。『Unistyle』を活用するかしないかで、選考結果が左右されるといっても過言ではありません。その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわるコラムが就活サイト中で最も秀逸!

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

『Unistyle』のコンテンツは尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

ちなみに2016年1月~3月で当ブログから1400人以上が申し込む人気っぷり。当然の結果に納得です。まだの方は今すぐ無料登録しないと絶対に後悔しますよ
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

その1:インターンシップの応募

workshop-745017_640
インターンシップに応募しましょう。選考の合否における結果はどっちでも構いません。大事なことは【就活前にESや面接を体験すること】です。【思ったより厳しい】【対策大変】【面接ってこんな難しかったの?】など、就活のイメージが湧きます。

少しでも就活に触れることで、「今後どのように対策すべきなのか」「自分に足りなかったのは何なのか」浮かんできます。その結果、就活解禁日には就活未経験の人と比べて、最高のスタートダッシュがきれることは言うまでもありません。

私はインターシップの選考経験【夏:全オチ】をして、本気になり本選考に活きました。良いこと尽くめなので、インターンシップに応募することをオススメします!

☑海外のインターンシップは穴場でオススメ

kaigai_inturn
新たなインターン先として、海外のインターンシップはチャンスです。私の友人は某企業のインターンシップの選考に落ちたことがきっかけとなり、海外のインターンシップに参加しました。

その結果、就活で無双していました

短期間のインターンであれば、常時開催されているので日程調整がしやすいです。さらに、選考過程が一切ありません。全国で無料説明会を一年中、開催しているので、是非参加してみて下さい!
大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

その2:志望したい業界や企業を考えること

office-620817_640
就活前に、志望業界や企業を考えることは極めて重要です。なぜなら、選考のスタート地点に乗り遅れてしまい、応募さえできなくなる可能性があるからです。

ですので、「時すでに遅し」という最悪のケースを避けるために、時間のある今のうちに「どんな業界に志望したいのか」「どんな企業で働きたいのか(就活の軸)」を事前に考えておくと良いでしょう。

私がおすすめしたい方法は以下の5つです。

☑ご飯も就活も捗る神サービス『ニクリーチ』を活用してみる

nikuri-chi-min
『ニクリーチ』という就活サービスをご存知でしょうか?上記で紹介したスカウト型の就活サービスですが、ちょっと変わってます笑 ただ、破格のサービスであることは保証します(真顔)それがこちら!

  • 面接で必ず聞かれる3つのこと
  • こちらから企業にアプローチできる
  • お肉・お寿司を食べながら人事とお話できる

大手広告会社内定者が語る!

色んな企業を目にすることができるだけでなく、お腹も満たせます!もちろん無料です(ゲス顔)

真面目な話、有名企業も多く存在しますので無料登録すべきです。ちなみに、ここまでの神待遇は『ニクリーチ』だけです。活用できるものは使ったもん勝ちです!下のバナーから、是非お試し下さい!


☑業界地図を読む

就活生のバイブル・必需品である【業界地図】が非常に役立ちます。【業界地図】は色んな業界を網羅できる優れものです。

さらに、1つの業界に対して、色んな企業の関係図が見開きに図で説明されているので、企業の繋がりや立ち位置を把握できます。しかも、わかりやすいというお墨付き。また、今まで知らなかった業界も知ることができるので、一石三鳥です!

☑同期・先輩と話してみる

色んな人達に志望業界や企業について聞いてみましょう。なぜなら、今まで気づかなかった志望業界や企業の軸に気付く可能性があるからです。人と話すことで視野が広がり、新たな就活の軸に気付くきっかけになるかもしれません。
1人で考え過ぎても時間の無駄!?人と話し合う3つのメリット

私は研究室の先輩方や同期と話して、就活の軸には色んな切り口があることに気づかされました。1人で考えこむよりも楽しいので、オススメです!

☑就活サポートがピカイチ「東京仕事センター」に聞いてみる

仕事センター-min
19卒必見のサービス「東京仕事センター」を紹介します。「東京仕事センター」とは、インテリジェンス(起業した方はリクルート出身)が運営している就職支援サービスです。聞き慣れない企業かもしれないが、転職業界ではリクルートに並ぶくらい有名な人材紹介の企業です。

なので怪しい企業では一切になので誤解しないで下さいね笑(ちょっと名前ださい
「東京仕事センター」をおすすめする理由はこちら!

  • 就職のプロが就活を徹底サポートしてくれる
  • 電話・メールで気軽に就職関連の相談できる

就活のプロが一連の流れを最初からお手伝いしてくれます。また電話・メールも受けつけていることから、就職アドバイザーとの距離が近い点もおすすめできる点です。そのため他の就活サポート関連の中で、最もスピード感があります。つまり、就活力が伸びやすいです。

わからないことも全て無料で教えてくれます。正直、悩んでいる時間が勿体ないので、興味ある方は今すぐ活用することをおすすめします。ぜひ無料登録してみましょう!
【東京しごとセンターヤングコーナー】

☑合同説明会に参加してみる

presenter-1206345_640
色んな業界・企業を見てみたい時には合同説明会はうってつけです。人事や社員さんとも交流できて楽しいですし、モチベも上昇して就活対策の良い循環ができます!特に11~12月はまだ就活も本格的に始まっていない余裕のある11月~1月がチャンスです。

私が思うに、参加すべき合同説明会のポイントはこの3つです。

  • 参加企業の数が20~30社であること:1日で全て見れる
  • 特別講演会に期待できる
  • OBOGや内定者が参加していること

特に3つ目はめちゃくちゃ大事です。なんせ現役社員からリアルな情報を聞き出すことができますし、会社の雰囲気も感じることができますよ!

その3:『マスナビ』が提供する就活対策ツールを読む

masunabi1-min
就活サイト『マスナビ』は広告・Web・マスコミ業界を目指す就活生向けの就活サイトなんですが、全ての就活生が今すぐ無料登録しましょう。。なぜなら、『マスナビ』が提供する就活ツールが就活対策する上でめちゃくちゃ役立つからです。その特典がこちら

  • 面接で必ず聞かれる3つのこと
  • 1から学ぶグループディスカッション―基礎編
  • エントリーシートの基礎の基礎

無料登録すると、就活の選考で鬼門となる3つの山場(ES・グループディスカッション・面接)の対策方法がまとめられたPDFを無料ダウンロードできます。しかも、最も倍率が高い大手広告企業を潜り抜けた内定者が書いているのだから、説得力もあります。

実際に、基礎から丁寧に解説しているので、誰が読んでも役立つ上に、就活対策でも最も大事な部分も抑えているのが、素晴らしいです。なので、就活生は全員参考になると断言できます。

無料登録ですし、登録時間も1~2分です。登録の手間を考えたら、無料登録しない方が圧倒的に損です。メディア志望の就活生はもちろん他の就活生も、是非無料登録して就活に役立てることをおすすめします。
【マスナビ】

その4:証明写真をスタジオで撮影

blonde-629726_640
余裕のある今のうちに、スタジオで証明写真を用意しておくことをおすすめします。プロが身だしなみをチェックしてくれますので、自分で手入れするよりも確実に映えます。仮に、写りの悪い証明写真であれば、撮り直しも可能なので安心です

何より、証明写真のデータを就活前に手に入れることが大事。就活解禁前後は非常にスタジオが混んでいるため、就活中に証明写真のデータを入手できず、ESや履歴書の提出が遅れて選考に影響する恐れがあります

また、ES締切日に間に合わない可能性もゼロではありません。非常に危険です

証明写真のデータさえあれば焼き増しできるので、証明写真が足りなくなることもありません。おすすめのスタジオは「スタジオエイメイ」です。約4000円という、破格の安さ笑 是非参考にしてみて下さい!
就活写真なら【スタジオエイメイ】

その5:Webテスト対策

directory-973992_640
時間に余裕があるときに、WEBテスト対策しましょう。就活中は予想以上に忙しいので、Webテスト対策は後回しされがちです。

しかし、WEBテストで落とされては、元も子もないです。時間が足りない上に、慣れが必要な問題形式もあります。ですので、就活解禁前にWEBテスト対策することをオススメします!

就活が本格的に始まるとWebテスト対策の時間も中々とれない上に、就活が始まった瞬間にWebテストに追われます。なので余裕のある今のうちに、少しずつ対策するのが最も良いでしょう!

・Webテストの関連記事はこちら!

☑無料のSPI問題集を解いてみよう


有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンでSPIの厳選100問集を無料プレゼントしています

webテストの約7割がSPI(テストセンター含む)だからこそ、SPI対策することは非常に効率的なwebテスト対策に繋がります。実際に問題を解いてみることで、webテスト対策の難易度を把握できます。

すると、どれくらい対策しなくてはいけないのか?明確になるので、就活中に「もっと対策しとけばよかった…泣」と後悔する可能性がグッと減ります。さらに、問題集の質も、類似問題が本番で出題されるほど素晴らしいです。

ここまでクオリティの高いSPI問題集が無料で貰えるのは、キャリアパークのみです。たったの1分でダウンロードできるので手間もかかりません。

就活生の方は是非ダウンロードして、webテスト対策に役立てて下さい!
SPI問題集の無料ダウンロードはこちらから!

その6:『キャリアパーク』内定者ES集のダウンロード

gatag-00007485
有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンで人気企業100社分の内定者におけるエントリーシートを無料プレゼントしています(白目)

内定者のエントリーシートですので、すでに通過していることが証明されています。ですので、ES対策で参考になるのは言うまでもありません。第1志望の企業のエントリーシートも存在する可能性もあるので、絶対にダウンロードすべきでしょう。

就活生の方は下記のリンクから、是非ご活用下さい!
人気企業100社分のエントリーシート集はこちらから!

その7:スカウト型の就活サイトの無料登録

offer2
スカウト型の就活サイトとは、企業が就活生をオファーする就活サービスです。無料登録するメリットが破格ですので、就活解禁前に就活生は絶対に登録した方が良いです。メリットはこちら

  • 特別選考のオファーがあること
  • 理想の企業を探しやすい
  • 就活の無料サポートが充実しすぎること

「1次、2次を飛ばした選考フロー」になる可能性が高く、内々定に繋がりやすいです。就活解禁前に内々定が1つでもあると、精神的に楽になり、余裕ができます!この余裕によって就活生に自信が芽生え、就活の好循環が生まれやすくなります。

また就活のサポートも半端ないくらい充実しています。例えば、自己分析からES添削・面接対策の選考サポートや自己分析に必須な適性診断ツールが活用できたりします。これを活用しない手はありません

数あるスカウト型の就活サイトの中でも、「Offer Box」がおすすめです。是非、無料登録して就活に役立てて下さい!
『Offer Box』の無料登録はこちら!

その8:適性診断ツールで自分の強みを把握すること

offer-7
「適性診断ツール」とは、企業が就活生にオファーするスカウト型の就活サイト『Offer Box』が提供する本格自己診断の無料サービスです。

最初は自分の強みがわからず自己分析に苦戦しますが、「適性診断ツール」を使えば強みを見つける大きなきっかけになるので早めにやっておくと良いです。さらに3つのメリットがあります。

  • 就活対策の効率が段違いに変わる
  • 説得力のあるエピソードができる
  • 客観的な診断なので、自信になる

強みに関連する自己PRを模索するきっかけとなり、強みに一貫性があるエピソード作成できます。その結果、説得力のある自己PRが完成されるのです。

20~30分とお手軽にできることも素晴らしい点です。まず「Offer Box」に登録する必要がありますので、下記のリンクかた無料登録して「適性診断ツール」をお試し下さい!
『Offer Box』の無料登録はこちら!

・「適性診断ツール」の使い方・登録方法などの詳細はこちら!
【就活生必見!】無料で簡単に強みがわかる「適性診断ツール」は必ず使うべし!

その9:OBOG訪問を1度やってみること

tie-690084_640
余裕のある11月~1月に1度でもよいでのOBOGから話を聞いておくとベストです。

なぜなら、就活が始まった後に社会人の方からアドバイスを聞いても、「興味が変わったけど、エントリーが終わってた…」と手遅れになるかもしれないからです。

年が近いOBOGであれば、「この時期、何をすれば良いのか」アドバイスも貰えて、やるべきことが見えてきます。また社会人の方とお話することで、面接慣れにも繋がります

勿論、先輩など知り合いもOBOGに入ります。ただ初対面の方が面接慣れに繋がります。中でも、同じ大学のOBOGを紹介してくれる「ビズリーチ・キャンパス」は本当におすすめ

OBOGと会うセッティングも簡単!何より気軽に話したい方も募集していることが素晴らしいです。周囲にOBOGがいない方は必須のサービスといえます。もちろん無料です。登録した方が絶対に良いです。
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

その10:就活の流れを理解しておくこと

direction-1033278_640
就活前に、就活における一連の流れを理解しておくと、立ち回りが早くなります。特に、【やるべきこと】【やらなくていいこと】の優先順位を明確にできるので、効率的に就活できます。

また、就活はスピードが重要なので、流れを掴むことは必ず役立ちます。

オススメ方法は【就活を経験した先輩や友人と話すこと】です。また、ブログ内で紹介した【マンガ:銀のアンカー】を一読すると、就活の流れややるべきことが見えてきます!
【銀のアンカー】心の底からオススメしたい就活マンガ

その11:人事が求めていることを知ること

keyboard-597007_640
採用基準を把握しておくと、最短距離で選考通過しやすくなります。ESや面接対策を自分勝手にやると、企業が求めていることとマッチしなかった場合、水の泡になってしまいます。ですので、事前に採用基準を把握することは重要です。

方法として、上記で紹介した銀のアンカーやブログ内で紹介した人事の目線がわかる3つの本がオススメです。是非、読んで見て下さい!必ず他ライバルと差をつけることができます。

その12:新聞を読む癖をつけること

business-man-1031755_640
就活中は、企業の情勢を理解するために、新聞を読むと思います。しかし、いきなり新聞を読み始めると、慣れていないことで嫌になってしまうかもしれません。

自己流の読み方を身に付けておけば、新聞の抵抗感は薄らぎます。ですので、就活前に、新聞に慣れることをオススメします!

ブログ内で【新聞をタダで読む方法】【新聞の簡単な読み方】も紹介しているので、是非参考にして見て下さい!

・新聞の関連記事はこちら!

その13:学生時代頑張ったことをまとめること

create-865017_640
ESや面接で【学生時代頑張ったこと】は必ず聞かれます。ですので、事前にまとめておくと良いです。自然と【自己PR】【強み】など見えてきます。

私は就活解禁後にまとめましたが、時間を切り詰めていました。正直、しんどかったです笑 志望動機とは異なり、就活前に準備できるので、事前にやっておけば良かったと後悔しました

事前にまとめておくことと、就活解禁中に余裕が生まれるので、オススメします!

【番外編:理系】研究を頑張ること

medic-563425_640
理系大学院生の方は、就活解禁前に研究を本気で取り組みことをオススメします。就活中は忙しいので、修論に向けて成果を貯めておくと、精神的負担が減ります

また、就活中も面接やESで研究は必ず聞かれるので、選考対策にもなります!
就活前に本気で研究すべき3つの理由

【番外編:文系】お金を学んでおくこと

dollar-499481_640
文系の方で金融系を志望する方は多いと思います。事前に、金融情勢や世界経済を学んでおくと、新聞や企業研究が非常に捗ります

特に、【保険】【銀行・証券】を受ける方には、ブログで紹介した本を読んでおくと、選考で必ず役立cつことを保証します。
保険業界を志望する人は必見!【日本人が保険で大損する仕組み】

最後に

就活前は時間に余裕があるからこそ、事前に準備できることは徹底的にやるべきです。他の就活生と比べて、差をつけることができます。間違いなく、有利です。是非、実践してみて下さい!

・就活の始め方はこちら!
就活のはじめ方・やり方。何から始める?必要なものは?就活経験者が丁寧に解説します!

・就活解禁後にやるべきことはこちら!
就活の準備。やるべきこと・すべきことを就活前・就活解禁後でまとめました!【永久保存版】

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。