【就活】就職できる気がしない方必見!就活を始める最初の1歩を元就活生が紹介する

就活を始めようと思い、いざ調べてみると就活生全員が最初にこう思います。

就活できる気がしないんだけど…(白目)」

そんな不安に駆られた就活生に社会人1年目の私はこのメッセージを伝えよう。

「大丈夫。最初はみんなそうだから!自分もそうだった笑」
「だけど、就活への向き合い方を最初に間違えると危険だよ」

このメッセージの意味と、就活できる気がしない方がやるべき行動をまとめてみました。是非最後までご覧下さい。

スポンサードリンク

就活できる気がする!なんて人は超少数

4bs9ksdjsdc-ben-white-min
どんな経験にも共通して言えることですが、そもそも就活が始まる前に、ガッツリ就活経験している人はこの世にいません。皆さん平等で、就活未経験が殆どです。

就活解禁前にインターンシップをした方は、選考を通じて就活の経験をしたことになるかもしれません。とはいっても、就活未経験に毛が生えた程度です。なので就活解禁と同時に、殆どの就活生が一斉にスタートします

しかし、就活は今後の人生が決まるかもしれないので、プレッシャーが半端ない一大イベントとなります。そのイベントに対して、今まで経験したことない「説明会・エントリーシート・面接など」色々やるって想像します。

すると、みんな「就活できる気がしない…(白目)」って口を揃えて言います。当然ですよ、そりゃ体験したことないんですから。就活に漠然とした不安を抱えることは普通です。安心してください笑

かといって、就活を後伸ばしすると危険

cd2qniku6dk-nicolas-cool-min
とはいっても、就活を後回しにするのは、非常に危険です。なぜなら、後回しになればなるほど就活対策する時間が減るので、就活への対処方法が狭まっていくからです。

なので、就活で成功している方は、ガンガン就活を早めに始めます。つまり「ビビリならがも、早くスタートするかどうか」で就活が成功するかどうかは決まるといっても、過言ではありません。

とはいっても「何から始めたらわからないし、就活できる気がしないだけど…」と悩んでしまう方も多いでしょう。私もそうでした笑 そこで、私が実際に試して役立った”今すぐできる”方法をご紹介します!是非参考にしてみて下さい!

その1:先輩に話を聞いてみよう

xv7k95vofa-alexis-brown-min
就活を経験した先輩に話を聞いてみましょう!就活を実際に体験した方からリアルな就活の話を聞くことで、就活の進め方がわかります。知人なので親近感もあり、「自分もできそう…!」と勇気づけられます。

また就活の流れ・選考情報など就活の気になることを質問しやすいので、就活への不安が徐々に和らぎます。いつしか「就活でやることはこれ。早速やってみるか!」と、やるべきことが明確になって「就活できる気がしない」という悩みが消えていることが殆ど

そもそも「就活できる気がしない」という気持ちは、「就活への自信のなさ」「就活という未知なるイベントの恐怖」によるものです。なので、就活に対してモヤモヤした気持ちがあるなら、先輩方に直接お話を聞くのが1番。そして「自分もいけるっしょ笑」とやる気を高めましょう!

その2:「type就活エージェント」を活用しよう


就活生は「type就活エージェント」を今すぐ活用することをおすすめします。就活でリクナビ・マイナビに次ぐ超有名な「就活type」が運営しており、特典がハチャメチャに凄いです。それが、こちら

  • 人材のプロの就活セミナーに無料参加できる
  • 知る人ぞ知る優良企業を紹介してくれる
  • スケジュール調整や企業のエントリー情報を管理してくれるので内々定を効率的に獲得できる
  • 面接対策・ES対策が手厚い

なんといっても、1番の強みは就活サービスの中で最も効率的に内々定を獲得できることです。スケジュール管理もしてくれますし、就活サポートも手厚いです。

抑え企業を見つけ、保険として内々定を持つこともできます。さらに内々定を1つでも持っていると、他の企業から「この人は他でも採用されかけているから安心」という良い印象を与えることができるメリットもあります。

すると、精神的負担が軽減して、就活の不安が和らいで就活に集中できます。なので第1志望の本番選考に向けて活用しておくと良いです。就活のプロと連絡が取りやすいのも「就活type」だけです

もちろん無料です笑 面談は手間はかかって大変な印象を持たれがちですが、1度話してみると、モチベーションや就活の捉え方が一気に変わります。その結果、就活に良い影響がでるので、面談しないと後悔する可能性大きです。

是非就活生の方は「type就活エージェント」をご活用してみてください!
type就活エージェントの無料登録はこちら!

その3:「東京仕事センター」を活用しよう

仕事センター-min
「東京仕事センター」とは、インテリジェンス(起業した方はリクルート出身)が運営している就職支援サービスです。聞き慣れない企業かもしれないが、転職業界ではリクルートに並ぶくらい有名な人材紹介の企業です。

なので怪しい企業では一切になので誤解しないで下さいね笑(ちょっと名前ださい
「東京仕事センター」をおすすめする理由はこちら!

  • 就職のプロが就活を徹底サポートしてくれる
  • 急な面接対策など、予約なしでお願いできる
  • 電話・メールで気軽に就職関連の相談できる

就活のプロが就活の一連の流れを最初からお手伝いしてくれます。就活できる気がしないのなら、就活のプロから指導して頂くのが手っ取い上に確実な道を進めます

また電話・メールも受けつけていることから、就職アドバイザーとの距離が近い点もおすすめできる点です。そのため他の就活サポート関連の中で、最もスピード感があります。つまり、就活力が伸びやすいです。

就活サポートを活用したことで一気に就活に強くなったという就活生はたっくさん見てきました。ここまで手厚い就活サービスを使うか使わないかで、大きく結果が変わることなんて、よくある話です。

ライバルと大きく差をつけるため、そして内々定にグッと近づけるためにも、ぜひ無料登録して、初回カウンセリングを受けることを強くおすすめします、
就活の無料相談カウンセリング!東京しごとセンターヤングコーナー

その4:『Unistyle』で就活コラムを読んでみよう

YOSX9695_TP_V-min-min
『Unistyle』という就活サイトには内定者が書いた就活コラムがたくさんあります。その中に就活のやり方・就活失敗談・成功体験談・就活の逆境物語がたくさんあります。

リアルな就活への取り組み方・失敗談・成功談を読むことで、就活の進め方はもちろん、就活へのモチベーションが上がります。就活未経験向けに就活への取り組み方・対策方法がまとめられているので、就活への漠然とした不安・恐怖はなくなります
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

また『Unistyle』を活用するメリットは他にもたっくさんあります。その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわるコラムが就活サイト中で最も秀逸!

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

今すぐ無料登録することをおすすめしたい。『Unistyle』を活用するかしないかで、今後の選考結果が左右されるといっても過言ではありません。コンテンツも質がめっちゃ高いので、読むだけで就活対策に繋がります。私も愛読していました。

心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

その5:無料でできる『適性診断ツール』をやってみよう

offer-7
就活で1番ネックになるのは自己分析です。「自分のアピールポイントってなんだろう…」と悩んでも、中々浮かばなかったりして途方に暮れることもしばしば。

そんな時は「適性診断ツール」を活用してみて下さい。「適性診断ツール」とは、企業が就活生にオファーするスカウト型の就活サイト『Offer Box』が提供する本格自己診断の無料サービスです。

社会で働いていく上で求められる⼒を⼤きく2つ(社会⼈基礎⼒、次世代リーダー⼒)に分類し、適性を測定してくれます。適性診断の結果に応じて、ポテンシャル(発揮しやすさ)を確認できるので、3つのメリットあり!

  • 就活対策の効率が段違いに変わる
  • 説得力のあるエピソードができる
  • 客観的な診断なので、自信になる

20~30分とお手軽にできます。信憑性もありますし、自分の強みがわかると自信がつきます。その結果、「自分にはこんなアピールポイントがある!」とやる気がでて、「自己PRのネタ」が浮かびやすくなります。なので本当におすすめ。

まずは「Offer Box」に登録する必要があるので、まずは無料登録して「適性診断ツール」をお試し下さい!
『Offer Box』の無料登録はこちら!

・「適性診断ツール」の使い方・登録方法などの詳細はこちら!
【就活生必見!】無料で簡単に強みがわかる「適性診断ツール」は必ず使うべし!

最後に

私も就活前は、「就活できる気がしないんだが…(震え声)」と思ってました。上記の4つは今すぐできましたし、就活の最初の1歩に役立ちました。

是非参考にしてみて下さい!

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。