WEBテスト対策しすぎると、損します(爆)【体験談】

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356

前回の記事では、【WEBテスト対策の重要性】について書きました。
Webテスト対策はいつから?期間は?必要なの?元就活経験者が全て答えます

タイトルを読んで「矛盾してるじゃねーか!」と思うでしょう。実際、矛盾しています笑  しかし、私は【WEBテスト対策ばかりやって損した】経験があるので記事にします。

もちろん【最低限のWEBテスト対策は重要】なので、【やらなくて良いんだ!】と勘違いは禁物です!

スポンサードリンク

私のWEBテスト 体験談

私は就活解禁前にWEBテスト対策を入念にしました。そのため、安心しきってしまい、1次締切の早い第1志望群のWEBテストを颯爽と受けました。しかし、崩壊しました

心の中では「は?????問題むずくね????オワタ」と叫び続けました。勿論、誰も助けてくれません。私は動揺して、最新版のテストセンターの参考書を1冊購入しました。割りと真剣に解いて復習しましたが、一向に解けた!という心地はしませんでした


途中から開き直って【なんとかなるっしょ!】と思うようになり、しまいには【全員できないんじゃね?】と錯乱し始めました。しかし、研究室の同期は「簡単だな!」とか言ってて、私は何度も猛烈に氏にたいという気持ちで満たされました。

どれくらい開き直ったかというと、テストセンター8割必須と言われているINPEXに【英語1発目のテストセンター】を使い回しするくらいです。もう【落ちてもいいや】という気になっていました。
国際石油開発帝(INPEX) ES編

しかし、フタを開けてみると、WEBテストに落とされることはありませんでした。この経験から、私が気付いてしまった【WEBテストの事実】を今からお話します。

事実 その1:満点をとるには時間が膨大

WEBテストの種類には【SPI】【テストセンター】【玉手箱】【TG-WEB】【CAB】【GAB】など様々です。ですので、全ての問題を満点取るまで対策することは至難の業です。

特に、完璧主義者の方は【要注意】です。全て完璧にしようとすると、途方も無い時間がかかります。時間は有限ではないので、ある程度の対策で妥協しましょう。そうでないと、重要な【ES】【面接対策】などに十分な時間を取れなくなります

妥協点を判断することは難しいですが、体感で【7~8割】できていれば十分だと思います。これ以上、高い点数を目指す必要はないです。

では【5~6割】はきついの?と言われると、一部の就活生はそういうわけでもないです。この理由を話します。

事実 その2:理系院生はWEBテストを重要視されない!?

これは、理系大学院生のみ当てはまるかもしれません。というのも、理系大学院生は【研究】がメインだからです。なぜなら、企業は【WEBテスト】よりも【研究内容】を知りたいからです。

ですので、WEBテストは最低限の知的能力を判断しているにすぎないと思います。実際に、私の周囲でWEBテストで選考に落ちた人は非常に少なかったです。

ただし【WEBテスト】を【学歴フィルター】で判断している企業もあります。現実的なことを率直に申し上げると、よくあることです。また、文系の方はWEBテストでもガンガン落とされていました

ですので、【WEBテストが重要視されない】のは理系大学院生限定の可能性が高いです。かといって、油断は禁物なので、最低限の対策はしましょう!

WEBテストの出題傾向をチェック

この本には、昨年企業で出題されたWEBテストの種類が書かれてあります。予めチェックしておくことで【どの種類を重点的に対策すべきかわかる】ので、効率よく時間を使えます。


私は全種類のWEBテストを対策しましたが、予想以上に時間はかかった上に、出題されなかったテストも多数ありました。今思えば、非常にもったいなかったです。

ですので、対策する前に、WEBテストの出題頻度を掴んでおくことをオススメします!
【この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 】WEBテスト対策の効率が桁違いに上昇する本

【SPI】【テストセンター】【玉手箱】を優先に

色んな種類のWEBテストがありますが、まずは【SPI】【テストセンター】【玉手箱】を対策しましょう。なぜなら、出題頻度が上位だからです。

最低限この3つを対策すれば、WEBテストの対応力を身に付くと思います。対策時間におけるコスパは限りなく良いでしょう。

よくわからない方や時間がない方は、【SPI】【テストセンター】【玉手箱】を手始めに対策するのもアリです!

油断はしないでね!

ここまで書いてなんなんですが、決して【無対策】で試験には臨まないで下さい。何度も言いますが、私は【最低限の対策は必要】だと断言します。ですので、空き時間や集中的に一定期間を使って、最低限の対策はしましょう!
【Webテスト対策本・参考書 おすすめ】私イチオシのみ厳選しました

まとめ

  • WEBテスト対策は拘り過ぎると、損する可能性あり
  • 事前に出題される種類をチェックして、効率よく対策を!
  • かといって、【無対策】は命取り

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。