月間1万PVを突破したので、【ブログの目的】を真剣に考えてみた

JK92_hohohiji20150222103753-thumb-815xauto-18352

先月【2015年11月】に、私のブログアクセス数が月間1万PV数を突破しました!嬉しい気持ちもありますが、自分のブログの在り方について、真剣に考えさせられた月でもありました。
月間1万PVを突破するにあたって、感じたことを総まとめしてみた

今回は、自分のブログについて真剣に考えた結果、私が導き出したブログの目的について、お話します。その前に、私の就活ブログは一体誰が読んでいるのか?考える必要があります

なぜなら、ブログの目的は読者がいて初めて成り立つからです。なので、読者層について、真剣に考えてみました。

スポンサードリンク

読者層を安易に新卒と考えて良いのか?

当然、就活ブログなので、主な読者層は【新卒の大学生・大学院生】です。この読者層を、私はさらに絞り込むことができると思いました。

なぜなら、就活情報を単に得るだけなら、私のブログを訪れる可能性は低いからです。なんせ、選考対策に関する記事全般は、SEO(検索結果でより上位に現れる技術みたいなもの)で、就活サイトを本業で運営しているところに敵わないからです。

なので、私のブログを訪れる読者は、訳ありの新卒の大学生・大学院生だと思いました。そこで、読者層【新卒の大学生・大学院生】をさらに踏み込んで考えました。

考察方法は簡単です。実は、Google Analyticsによって、どんな検索ワードを打ち込んで読者が訪問したのか、わかります。そのデータを基に、内情を考察しました。

読者層 その1:就活した経緯を知りたい新卒

まず、就活ブログ+その他のワードで訪問された読者は多いです。私のブログタイトルには、【就活ブログ】が組み込まれています。なので、就活ブログ+その他のワード【理系・大学院生・16卒・17卒など】を検索ワードで打ち込むと、上位ページに表れるので、就活ブログのワードから訪問する人が多いのも納得です。

この読者層は就活の経緯を知りたい新卒だと思います。なぜなら、ブログは実体験に基づいた記事の宝庫なので、就活体験談を知りたい人は、【就活ブログ】と打ち込む人が多いからです。

読者層 その2:企業の選考情報を知りたい新卒

企業の選考情報が盛り込まれた検索ワードによる訪問も非常に多いです。特に、他サイトよりも早く情報を発信した企業インターンシップの記事は検索ページで上位なので、訪問数が多いです。

企業の選考情報を知りたい人も、1,2番を争う読者層だと思います。

読者層 その3:気になった情報を追求し続ける新卒

最後に、就活全般に関する検索ワードです。これらの検索ワードは、実際に打ち込んでも2~3ページ目にやっと私の記事が表れます。つまり、私のブログを訪れた方は、色んな記事を読み漁った上で、私のブログに到達したといえます。

なので、検索ワードに関して、他サイト・ブログの情報が足りない・納得できない・他のサイト・ブログも気になる方が私のブログに訪問したと考えられます。

読者層を踏まえた目的の上に、私の願望あり!

【こんなブログを作ってやる!】と私が自己主張しても意味がありません。ブログは、読者がいるからこそ、成り立つのです。なので、読者目線で、どんなブログが良いのか?考えてみました。

その上で、私のブログの願望を述べさせて頂きます。

目的:読んだら夢中になり、何度も読み返したい就活ブログ

先ほど考察した3パターンの読者層になりきり、どんな情報に出会えたら良いのか?考えました。その考察結果がこちら

  • 読者層 その1:この就活体験談、面白い!
  • 読者層 その2:企業選考が他サイトよりも具体的で使えるから、ブクマしよう笑
  • 読者層 その3:しっかりしたこと書いてあってビックリ。棚ボタ笑

これを1つにまとめると、【読んだら夢中(面白い・役立つ・目から鱗の情報)】【何度も読み返したい(参考になる)】就活ブログが目的となります。

願望:色んな記事も読んで欲しい!

その上で、私の願望は【他の記事も気になるな!】と思って頂けるようなブログにすることです。やはり、色んな記事を見てもらえることが、ブロガーにとって1番の喜びです。

就活ブログを運営している立場から、願望も織り交ぜました。

最後に

今回は、就活ブログの目的を明確にさせて頂きました。しかし、目的を設定するだけでは意味がないです。目的達成してこそ、ブログの存在価値を見いだせるのです

読者目線の目的と私の願望を達成するために、具体的にどうすべきか、今後の方針も真剣に考えました。その記事は文字数が多くなったので、分けました笑 是非、読んで頂けたらと思います!
月間1万PVを突破したので、【ブログの方向性】を真剣に考えてみた

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。