ES(エントリーシート)における3つの狙い

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A114915030133prezen-thumb-1000xauto-18949

今回は【そもそもESって何?】【真剣に書く意味があるのか?】疑問を解決するために書きました。ESの狙いを理解しておけば【どれくらい重点を置くべきか】判断できます。ですので、効率良く就活対策ができます。

早速、ESについて知ってほしいことを紹介していきます。

スポンサードリンク

その1:ESの目的は足切り

人気企業は毎年数千もの就活生が殺到します。全ての応募者を限られた人数で対応していては、日が暮れてしまいます。ですので、直接会わない審査で最初は絞り込もう!と企業は考えます。この足切り審査の1つが【ES】です。

ですので、あまりにも適当なESを書いてしますと【足切りで面接さえ受けれない】可能性があります。舐めプは危険なので、気をつけて下さい!

その2:能力と志望度を図るツール

企業は大多数の応募者から入社して欲しい人材を見極めます。そのために、企業は【応募者がどんな人か?】知りたくて仕方ありません。【ES】はその手段です。

中でも【活躍する素質】【志望度の高さ】を図るために、【ES】は存在します。企業側が求めている人材かどうか判断するために、色んな質問があります。

【活躍できる素質に関する質問】
・学生時代頑張ったことはなんですか?
・あなたの強みはなんですか?
・挫折や困難を乗り越えた経験を教えて下さい。

【志望度を問う質問】
・志望動機は何ですか?
・入社後、どのような人になっていたいですか?
・具体的にどのようなことがしたいですか?

【その他の質問】
・短所は何ですか?
・チーム内での役割はなんですか?

各質問に対して【的確に】【わかりやすく】回答しましょう。

その3:面接で利用する

見ず知らずの応募者を限られた時間内で面接することは難しいです。好き勝手に質問するより、【ES】に沿って質問した方が効率が良いです。さらに【ES】で気になった部分を質問すれば、【活躍する度合い】をより正確に図ることができます。

ですので、その場しのぎと考えず、面接で使われることを意識して【ES】を書きましょう。そうすれば、面接でも一貫性のある受け答えができます。

まとめ

  • 【ES】は能力と志望度を図る足切りツール
  • 舐めプは危険
  • 面接で使われるので、その場凌ぎはNG

※企業のES情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』にはほぼ全ての企業におけるESと回答例がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、面接対策などの就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

※『キャリアパーク』無料配布の内定者ES集は活用すべし

gatag-00007485
有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンで人気企業100社分の内定者におけるエントリーシートを無料プレゼントしています(白目)

内定者のエントリーシートですので、すでに通過していることが証明されています。ですので、ES対策で参考になるのは言うまでもありません。第1志望の企業のエントリーシートも存在する可能性もあるので、絶対にダウンロードすべきでしょう。

就活生の方は下記のリンクから、是非ご活用下さい!
人気企業100社分のエントリーシート集はこちらから!

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。