ESを締め切りのギリギリで出すと大損する理由を大公開【要注意】

work-management-907669_640

私はこの就活ブログを通じて、ESはできる限り提出することを強調しています。
ES提出は早い方が有利!就活経験者が理由をお答えします

今回は、『ESを締切ギリギリで出すとどうなるのか』という真逆の観点から、ESの通過率を考えていきます。

スポンサードリンク

結論:ESの通過率は一気にダウン

結論からいうと、ESの通過率はグッと下がります。なので、ESは締切に余裕をもって、提出して下さい。

このように考える理由は1つです。早速、紹介させて頂きます。

理由:志望度の低さが丸わかり

1番の理由は『志望度の低さが表れる』ことです。もし興味ある企業であれば、早めに準備を行います。そして、「入念に確認⇒ブラッシュアップ」を繰り返すことで、ベストなESに仕上げて提出します。

しかし、締切ギリギリということは、「優先順位は後回し」「ふと気づいて、慌てて提出」が大体の原因です。うまり、志望度の低さが原因と伝えているようなものです。

もちろん、「後から、志望度が高くなった!」という人もいるでしょうが、人事には一切わかりません。なので、締切ギリギリにならないように、事前に志望企業や業界はすべきなのです。
就活解禁前に業界研究は【必ず】やるべき

人事がESにかけられる時間は数十秒

志望度が高くて提出がギリギリになってしまう人は、「質を意識しすぎて、提出が遅くなってしまう」場合が殆どです。

確かに、質は大事です。しかし、人気企業は毎年数千もの就活生が殺到するので、サラッと読み流されます

そのため、ESの質は割いた時間に比例して通過率が上がるわけではありません。一方で、【提出の早さ】は志望度の差として直接的に表れるので、いかに「締切ギリギリで提出することが大損であるか」わかります。

締切ギリギリで通過しなかった事例あり

私はES提出した就活生が全員通過した「東京電力の冬インターンシップ」に参加しました。
冬インターンシップ 東京電力 ES編

私は、17卒の後輩にオススメし、応募しました。しかし、落ちました。「なぜ!???」と思い、後輩に聞いたところ、「締切にESを提出した」と話してくれました。

こんな事例もあるので、ESを締切ギリギリで提出するのは、避けましょう!

最後に

ESを締切ギリギリで提出しても、通過することはあります。だからといって、ES提出を後回しにして、後から焦って提出すると大損することは忘れないで下さい。

質にこだわるのもわかりますが、ある程度のレベルに到達すると、時間対効果が低いです。なので、妥協点をみつけ、できる限り早めに提出することを心掛けましょう!

まとめ

  • ESを締切ギリギリに出すことはデメリット
  • 理由:志望度の低さが露呈するから
  • ESの質に妥協点をみつけ、早期提出を心掛けること

※企業のES情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』にはほぼ全ての企業におけるESと回答例がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、面接対策などの就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

※『キャリアパーク』無料配布の内定者ES集は活用すべし

gatag-00007485
有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンで人気企業100社分の内定者におけるエントリーシートを無料プレゼントしています(白目)

内定者のエントリーシートですので、すでに通過していることが証明されています。ですので、ES対策で参考になるのは言うまでもありません。第1志望の企業のエントリーシートも存在する可能性もあるので、絶対にダウンロードすべきでしょう。

就活生の方は下記のリンクから、是非ご活用下さい!
人気企業100社分のエントリーシート集はこちらから!

関連図書:人事におけるESの扱いがわかる本

◆レビュー
【なぜ7割のエントリーシートは読まずに捨てられるのか?】人事のリアルな目線がわかるおすすめ就活本

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。