夏インターンシップ 東京急行電鉄 面接編

P4068199-500x375

東京急行電鉄の面接内容です。私は不動産の電気機械コースを志望しました。データとして残し忘れたので、1年前の記憶を掘り起こして書きます。

参考になる程の内容ではないですが、準備不足だと私みたいに落ちるので気をつけて下さい!笑

・ESの詳細はこちら!
夏インターンシップ 東京急行電鉄 ES編

・面接対策のまとめ記事はこちら!
面接対策でやること・やり方を元就活生が全力で14つ まとめてみた
面接の通過率が大幅に上がる話し方10ヶ条

スポンサードリンク

選考前

ES通過の連絡が遅すぎて私は落ちたと思っていたので、連絡が来た時は超絶喜びました。面接当日に行くと、待合室には2人いました。流れとしては、私含めて3人でグループディスカッションをやり、各個人で面接を行うと言われました。

暇だったので、待合室で談笑してました。時間が来ると、部屋に呼び出されます。自己紹介を言うように指示されます。

ちなみに、私は【ディスカッションは小学校6年生の道徳の授業ぶりなので、緊張してます。】と冗談を言いましたが、面接官達は真顔でした。

グループディスカッション

最初にグループディスカッションがありました。グループディスカッションは事前にあると知らされていました。

テーマは3つのビジョン「日本一住みたい沿線、東急沿線」「日本一訪れたい街、渋谷」「日本一働きたい街、二子玉川」から採用担当者が一つ提示して、あなた達ならどのようなことをするか?という内容でした。

研究室の先輩も同じテーマだったので、例年同じでしょう。

個人的な感想

時間は【約30分】くらいでした。グループディスカッション終了後には、1人がホワイトボードを用いてまとめを言います。ここで積極的に発表すると、評価が上がる可能性があります。

ちなみに、私は【田中くん(仮)、まとめるの得意そうだからお願いします!】と消極的かつ人任せアピールをする大失態を犯しました(馬鹿すぎて笑えません)

持ち物として、筆記用具とメモ帳は忘れないようにしましょう。メモ帳がないと、議論が整理できなくなります。私は案の定忘れたので、田中くん(仮)に書記を任せました笑

面接

面接は個人で【約10分】でした。

【面接の質問内容】
なぜ、こんな早い時期にESを出したの? インターンシップのこと、知っていたの?
・志望動機は?
・ESに書いた力を入れたことに関する質問が2,3コ
・周囲の人からどんな人って言われる?
・研究について小学生でもわかるように教えて下さい

大体こんな感じです。10分間しかないので、大して深く話す場面もなかったです。ESは早く出して効果的だったと思いました。志望度が高いことをアピールできる便利な手段です。雰囲気は和やかだったので、話しやすかったです。
ES提出は早い方が有利!就活経験者が理由をお答えします

ちなみに、私は研究について話した後に面接官が「難しい研究なんだね笑」と言ってきましたので「私自身もよくわかってません」と冗談を言いました。

面接官達の表情は「!?」だったので、慌てて「冗談です、すみません(てへぺろ)」と言った思い出があります。舐めすぎですね。頭イカれてます。

面接が初めての方は、注意すべき点を意識できれば、大丈夫です!
面接で落ちる就活生に共通する7つの過ち

・面接の想定質問集はこちら!
【志望動機編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【学生時代頑張ったこと編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【自己PR編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【研究編】面接のよくある質問例を5コまとめてみた

選考結果

案の定、不採用でした!!!笑

2週間後に、不採用メールが送られました。面接では、私みたいに舐めた態度を取らないようにしましょう。仮に落ちたとしても、インターンシップは本採用よりも倍率が高いので、気にしすぎる必要は全くありません。
インターンシップに落ちるも問題なし!落ちたら、次に活かせばOK。その理由を公開します

ただし、悪かった点を自分なりに考えて反省をし、次に活かすことが重要です!!

風の噂

東急電鉄はインターンシップに行っていると就活に有利です。実際に、研究室の先輩がインターンシップで出会った友達が多く内定を頂いたそうです。

どの企業もですが、インターンシップは会社のお金を使って開くイベントなので、本選考に影響するのは当然だと思います。利益追求する企業が人件費を割いて、学生相手に慈善活動するとは考えられません。興味ある方は是非インターンシップに応募してみて下さい!

※夏インターンシップに参考にした知人が、インターン生は本選考で非常に有利といっていました!詳しくは下記をご覧下さい!
東京急行電鉄 1次面接~最終面接編

オススメ:海外のインターンシップは穴場で最強!

他のインターン先として、海外のインターンシップはチャンスです。私の友人は某企業のインターンシップの選考に落ちたことがきっかけとなり、海外のインターンシップに参加しました。

その結果、就活で無双していました

短期間のインターンであれば、常時開催されているので日程調整がしやすいです。さらに、選考過程が一切ありません。全国で無料説明会を一年中、開催しているので、是非参加してみて下さい!
大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

更なる詳細・レビューは、下の記事をご覧下さい!

まとめ

  • ES通過の連絡が遅い
  • グループディスカッションと個人面接10分
  • 舐めてかかると選考に落ちる

※企業の選考情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』には有名企業や大手の選考情報がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、過去のESも回答例とセットで全てみれます笑 そして就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

関連図書:オススメの面接対策本


◆レビュー
【面接対策本 オススメ】どんな質問も対応できる私イチ押しの【ロジカル面接術】

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。