実は、違った!?就活生が誤解しやすい面接のアピールポイント【3選】

0I9A118615030144yotaka-thumb-815xauto-19588

今回は【人事が学生に求めていること】を紹介します。就活生が考えるアピールポイントと人事が重視するポイントには、ギャップが存在すると私は感じました。

というのも、様々な就活本やネット情報を漁ってみると、【企業への熱意】【学生時代の経験】【学生の能力】を企業は重要視していると書かれています。しかし、OB訪問や人事の方とお話したことで、誤解だと気づきました

早速、【どうして誤解だったのか?】解き明かしていきます。

スポンサードリンク

その1:熱意はあって当たり前

【熱意をゴリ押せば、面接はなんとかなるっしょ!】って1度考えたりしませんか? 私はあります笑 面接で熱意を表現するとなれば、【御社が第1志望です。こんなにOB訪問しましたし、企業研究もしました!】といった感じになります。

ここで、冷静に考えて欲しいことは【熱意はあって当たり前】という事実です。実は、面接を受けている時点で、熱意は表現されています。なので、【熱意を熱心に表現することで、選考通過できる】わけではありません。

もちろん、熱意があることはプラスに働きます。当然、熱意がある学生の方が印象は良いです。だからといって、熱意をゴリ押すせばなんとかなるわけではないです

その2:学生の経験はたかが知れている

面接では、必ずと言っていいほど【学生時代に頑張ったことはなんですか?】と聞かれます。人事が【入社後にうちで活躍するかどうか】判断するためです。

ここで、冷静に考えて欲しいことは【学生時代の経験の凄さは聞いていない】という事実です。一部の学生【體育會・国に認められる賞持ち】を除けば、学生における頑張ったことなんてたかが知れています。内容も似たり寄ったりです。ですので、学生時代の経験次第で、評価が左右されることは殆どありません。

ちなみに、私の学生時代に頑張ったことの1つに【塾講師のアルバイトで遅刻欠席が常習的な生徒を改善したこと】があります。こんなショボいないようでも、面接通過できました。この経験から、【他の部分で評価されているんだな】と改めて実感しました。

その3:能力は入社後に鍛えられる

巷でいう【コンピテンシー】というやつです。確かに、企業が求める能力はあるに越したことはないですが、なかったら絶対にダメ!というわけではありません

なぜなら、企業が求める能力は入社後に鍛えることができるからです。なので、企業が求める能力はなかったとしても、素質さえあれば良いのです。
ESは【成果】よりも【動機】【取り組み方】の方が重要

例えば、コンサルタントであれば【問題解決力】が求められます。仮に、面接内で【意味わかんないこと言ってしまった、オワタ】と学生が感じても、人事は【答えを出すプロセスを必死に考えてる】⇒【こいつは入社後に伸ばせる】と判断されれば、通過できます。

ですので、企業が求める能力は最重要視するポイントではないんです!

最後に

今回は【企業への熱意】【学生時代の経験】【学生の能力】という誤解しがちな3大アピールポイントを紹介しました。

では、人事は学生をどんな基準で採用しているのでしょうか?答えは簡単です。【この人と一緒に働きたいかどうか?】これだけです笑 詳細はこちらの記事をご覧下さい。参考になるはずです!
面接で人事が学生に求める2つの素質

まとめ

  • 熱意のゴリ押しだけじゃ、面接通過できない
  • 学生の経験は似たり寄ったりなので、重要ポイントでない
  • 能力は入社後に育てれば良いので、問題なし

面接に落ちる就活生の共通点も記事にしているので、是非、参考にしてみて下さい!
面接で落ちる就活生に共通する7つの過ち

関連図書:オススメの面接対策本


◆レビュー
【面接対策本 オススメ】どんな質問も対応できる私イチ押しの【ロジカル面接術】

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。