面接の通過率が大幅に上がる話し方10ヶ条

YUSEI_jishinnimichiahureta-thumb-815xauto-19311

今回は【面接の通過率が上がる話し方】を記事にしました。当たり前ですが、好印象の方が面接で評価されます

特に、会話は面接の大部分を占めるので、話し方次第で印象はガラッと変わります。たとえ優秀であっても、下を向いてボソボソ話していたら、将来が不安なので採用されません。

話し方は簡単に改善できるので、面接対策に有効です。 早速、【印象が良い話し方】を10コ紹介します!

スポンサードリンク

その1:目をみて話すこと

そんなん当たり前じゃん!と思うでしょう。しかし、面接で緊張していまい、うまく回答できずにオドオドし始めると、目を逸らしがちになります。相手からしたら、失礼だと感じます。

どんな状況でも、話すときは、相手の目をみて話すことを意識しましょう!

その2:自信を持って、話すこと

面接は【自分という商品を売り込む場】です。そのため、自信満々にアピールされている商品【人】には、魅力を感じます。ですので、自信に満ちた表情で、自分のことを相手に伝えましょう!

しかし、傲慢は良くありません笑 謙虚な気持ちも忘れないで下さい

その3:簡潔に話すこと

簡潔に話すことは極めて大事です。長ったらしいことを聞かされても、聞き手は退屈に感じます。面接官は、短い時間の中で、就活生のことを色々知りたいのです。なので、一方的に長時間、話されることを毛嫌いします。
面接で簡潔に話すべき大事な3つの理由

そのため、出来る限り簡潔に話すことを心掛けて下さい!
面接で簡潔に話す方法は超簡単!コツをご紹介します

その4:わかりやすく話すこと

小難しく話す必要は一切ありません。普段聞き慣れないことを言われると、ストレスを感じます。当然、相手に伝わらない難しい言葉は厳禁です。特に、専門用語の多い研究や学業を説明するときには、注意しましょう。

【小学生でも伝わるかどうか】意識してみましょう!

その5:論理的に話すこと

スッと理解してもらうために、論理的かどうか意識して話しましょう。論理が崩壊していると、聞き手は混乱します。それでは、自分の良さが正確に伝わりません

論理的に伝えることは案外難しいです。というのも、友人や家族と会話する機会が日常では多いので、感情的に話す癖が染みついています。ですので、論理的に回答する練習すると良いです。

特に、私のブログで紹介した就活本【ロジカル面接術】の一読をオススメします!
【面接対策本 オススメ】どんな質問も対応できる私イチ押しの【ロジカル面接術】


その6:ハキハキと話すこと

ボソボソ話していては、うまく聞き取ることができず、聞き手はストレスを感じます。ですので、大きな声ではっきりと話しましょう!

その7:ボディーランゲージをフル活用すること

ボディーランゲージを使用すると、聞き手には【熱心に説明している姿】に映ります。ですので、魅力に感じますし、説得力も増します。また、言葉のみで伝えるよりも、わかりやすいことが多いです。

ボディーランゲージを活用できる場面があれば、積極的に使っていきましょう!

その8:表情豊かに話すこと

笑顔は大事です。無表情や真顔な人の話を聞いても、楽しくありません。しかも、怖い印象を与えます笑 緊張で顔がこわばるかもしれませんが、笑顔を意識してみれ下さい。

面接自体も良い雰囲気になりやすいです!

その9:余裕をもって話すこと

無理にアピールしすぎることは厳禁です。がめつい印象を与えてしまい、面接官は身を引いてしまいます。聞かれたことを的確に回答すれば、良いのです。

すると、余裕さが表れて、自信がある印象を与えることができます!

その10:抑揚をつけて話すこと

抑揚をつけて話すことで、聞き手は【どんなことを強調しているのか】すんなりとわかるので、会話を楽しめます。一方で、棒読みされ続けている会話は、退屈に感じます。

強調したいことを【大きめに】話すだけでも、十分効果があります。是非、実践してみて下さい!

最後に

面接は話す場なので、聞き手の立場になって【ちゃんと伝わっているか】【退屈にしていないか】意識するだけで、話し方は変わり、印象は良くなります。実は、そのまとめがこの話し方10ヶ条になっています!
面接で人事が学生に求める2つの素質

是非、お試しあれ!

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。