ゼロから世界経済を学べる【マンガと英語でみるみるわかる!儲かる世界経済】

今回は【マンガと英語でみるみるわかる!儲かる世界経済】を紹介します。
儲かる世界経済【マンガと英語でみるみるわかる!】

就活を終えて、私は投資【株】やお金の勉強【FP3級】を始めました。
就活を終えた人は【FP3級】を絶対に受験すべし!

すると、投資で稼ぐためには、世界経済を学ぶべきことに気付きました。日経平均株価と世界経済の関係性・バブル・日銀・FRB【日銀に相当するアメリカの機関】・債券などです。

私は読み終えた後、【証券】【銀行】を志望する就活生に役立つと思いました。早速、オススメする理由を説明します。

スポンサードリンク

面接対策になる

金融系のリクルータ面談や面接では経済に関する質問をされることが多いです。やはり、お金を扱う仕事なので、就活生が業務内容を理解しているかどうか確認するためだと思います。

ですので、世界経済を学んで損はありません!

新聞の理解が捗る

かといって、専門的な知識や金融資格を習得する必要性はありません。
資格・TOEICは就活に有利なのか?その疑問、お答えします

新聞を毎日読めば、十分です。しかし、新聞に出てくる経済用語は初見だと理解できないことが多いです。そのため、世界経済の大まかな知識があると、新聞の理解が捗ります。
【就活生の新聞の読み方】短時間で簡単に要点を掴む方法

また、新聞はスラスラ読めるようになると、ストレスも感じません!

世界経済が知識ゼロでも、すぐに理解できる!

いきなり【世界経済を学ぼう!】といっても、どっから手をつけていいか悩むと思います。そんな方にオススメしたい1冊が【マンガと英語でみるみるわかる!儲かる世界経済】です。世界経済を【浅く】【広く】学べます

もしかしたら、世界経済と聞くと、難しい用語や見慣れない言葉ばかりで敷居が高いと感じるかもしれません。しかし、難しい用語は一切使わず、噛み砕いてわかりやすく説明しています。さらに、マンガで解説しているので、読みやすいです。

抜群に読みやすい本!

ページ数も分厚くありません。【約100ページ】ですが、見開きに対して【右ページ:文章 左ページ:絵】で構成されているので、全く負担になりません

【英語でみるみるわかる】と書いてあるのは、頻出する英語が経済用語だからです。特に、英語で文章が書いてあるわけではありませんので、ご安心下さい笑

【銀行】【証券】志望の就活生は、読んでみることをオススメします!

※就活本代わりになる『Unistyle』は今すぐ登録すべし

girl-388652_960_720

就活本ではありませんが、就活本に匹敵する就活サイト『Unistyle』は就活生全員が今すぐ無料登録することをおすすめします。その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわるコラムが就活サイト中で最も秀逸!

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。『Unistyle』は質の高いコンテンツが豊富なので、読むだけで就活対策になります。就活していた当時私も愛読していましたが、何度も助けれました。

今では1ヶ月で当ブログから600人以上が申し込む人気っぷり。当然の結果に納得です。まだの方は今すぐ無料登録しないと絶対に後悔しますよ
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

就活本を買う前に!

就活本を買う前に、【Amazon Student】の無料体験に登録することをオススメします。なぜって、2000円(~6/30まで)のポイントをゲットできるので、就活本をタダも同然で購入できるからです。

amazon

また、それ以外のメリットも超破格(お急ぎ便がタダ・動画見放題など)ですので、下のバナーからご登録することを推奨します!(当ブログから、すでに250名以上が登録しているほど人気です。本当におすすめします)
Amazon Stundentに無料登録

※なんと、2017/6/30までにご登録すると、2000円のポイントをもらえるキャンペーンが開催されています!!本当にお得すぎるので、フェア開催している今のうちにご登録することをオススメします
Amazon Stundentに無料登録

まとめ

  • 世界経済を学ぶことは【銀行】【証券】の面接対策になる
  • 新聞の理解を手助けしてくれる
  • 解説も丁寧なマンガなので、知識ゼロでも大丈夫!

◯就活本のまとめはこちら!
【就活本 おすすめ 厳選20冊】心の底から読んで欲しい就活本のまとめ 必

◯就活本の読み方・購入する基準・使い方
読む時間を大幅に短縮できる就活本の効率的な使い方

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。