就活本はいらない?就活本の必要性を就活経験者が語ります

i-flip-flap-184343_640

就活も近づくと、「就活本を読むべきかどうか」悩む方が大勢います。私もそのうちの1人でした。

そこで、就活本を30冊以上も読んだ私が、就活を通じて感じた就活本の必要性を語ります。是非、参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

就活本は使える派

結論からいうと、私は就活本使える派です。なぜなら、信頼性がある役立つ情報を低価格で容易に手に入る可能性が高いからです。もちろん、全ての情報を鵜呑みにはしていません。使えるなと納得した情報のみ吸収しました。

今振り返っても、就活本は読んで良かった!と断言できます

就活本の必要性は読まなきゃ、わからない

いまわかることは、良書に出会えた人は「就活本は役立つ!」というし、良書に出会えない人や就活本を読まずに内々定を手に入れた人は「就活本は必要ない」といいます。

つまり、就活本の必要性を判断するには、まずは読んでみないとわからないのです。なので、就活本の価値に決定的な答えはなく、その判断は就活本を読んだ就活生にしか判断できないのです。

モチベを維持させることができる

nature-928175_640 (1)-min
個人的に就活本の素晴らしい点は、モチベーションを維持できる or 上げられることです。一読で良いので、就活本を全て吸収せず「ふ~ん」くらいで読み流して下さい。

正論が羅列しているので読み続けていると、「ちょっとは就活やるか…!」って気になります。普通なら、「実行しないと意味ないよね!」と思う方も多いかもしれません。確かにそうなんですが、モチベーションが上がるだけでも正直凄いです

就活ってやる気を維持し続けることが、そもそも難しいです。そりゃ、人間なんで同じことを同じ気力でずーっと続けるってキツイでしょ?途中で熱が冷めて、グウタラになる人が殆ど。

でもやる気を元に戻さないと、面接で痛い目にあいます。このやる気を戻すことがめっちゃ大変。でも就活本を読むと、必ず「やっぱ、やらないとまずいな…」「俺もやってみるか!」って気持ちになりやすい。

モチベーション・やる気を維持する・上げるという最も難しい、だけど就活を通じて大事な要素を就活本は手助けしてくれるそれだけで十分就活本を読む価値ってあるなって私は思っています。

だから、就活本反対派も、まずは読んでみよう!

私は最初は就活本使えない派でしたが、案外読んでみると納得できる役立ちそうな情報がたくさんありました。そして、就活対策の視野が一気に広がりました。これは、就活本を読まなくてはわからなかったことです。

そのため、「就活本は必要ない」という先入観があり、就活本を一切読まない人は、自分で可能性を潰すことになります。確かに、役立たない本も多いですが、役立つ本も存在します。ですので、先入観を捨てて、一度読んで判断することをオススメします!

最後に

「就活本は必要ない!」という方もいれば、「就活本は必須」という方もいるでしょう。なので、就活本の必要性に結論はありません。就活本を手にとって読んでみて判断するしかないのです。

なので、まずは一度就活本を読んでみることをおすすめします。そこで、「自分の目で就活本が必要かどうか」判断して下さい。役立つと思えるのであれば、是非活用しましょう!

就活本反対派も昔の私のように騙されたと思って1冊読んでみて下さい。良書に出会えた瞬間、私のように視野が広がりますよ

◯参考
私が心の底からおすすめする就活本をまとめています。絶対に役立つと断言できる就活本のみ厳選したので、是非お試し下さい!
【就活本 おすすめ 厳選20冊】心の底から読んで欲しい就活本のまとめ 必

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。