【就活生の新聞の読み方】短時間で簡単に要点を掴む方法

MS251_enshinbun-thumb-815xauto-15226

前回は新聞を【タダで】読む方法を紹介しました。
就活生必見!【タダで】新聞を読む方法

しかし、いざ新聞を読み始めようとすると、情報量の多さに嫌気が差す就活生は多いと思います。私もそのうちの1人でした。そこで、今回は【簡単に】【20~30分】で新聞を読み渡す方法を紹介します。

スポンサードリンク

日経テレコンで日経新聞の朝刊を読む

私は日本経済新聞のデータベース【日経テレコン】を使用していますので、【日経テレコン】で説明します。他社の新聞データベースでも、仕様が異なるだけなので問題ありません。

また、【朝刊】のみ読めば、十分です。【夕刊】は限られた情報なので、読む必要はありません。早速、朝刊を読む手順を説明します。

①日経テレコンを開いて、【今日の新聞】をクリック
日経テレコン1_1

②【日本経済新聞朝刊】をクリック
日経テレコン1

後は、見出しだけ読んでください!それだけです笑 本文を全部読んでいては、時間がかかります。ですので、見出しのみチェックして新聞の要点を理解し、気になる見出しがあれば、本文を読んで下さい。

実際の新聞で見出しのみを集中的に読むと、案外面倒臭いです。しかし、データベースを使えば、見出しだけ容易にチェックできます。非常に便利です。

特に、読んでおきたい分類キーワードはこちら

  • 【一面】新聞の一面には、重要なニュースあり
  • 【企業】企業の最新情報が掲載されている。志望企業があったら、要チェック
  • 【投資情報】企業の利益に関する情報がある。志望企業があったら、利益が増減している理由を要チェック
  • 【マーケット商品】業界のサービスにおける伸び具合がわかる。志望業界や企業があったら、伸び縮みの理由を要チェック

この方法で読めば、長くても【30分】くらいで読み終わります。参考にして見てください!また、【日経テレコン】で企業研究する方法も記事にしましたので、興味ある方は御覧ください。
【日経テレコン】を用いて企業研究する方法

まとめ

  • 新聞は朝刊を読めば十分
  • 見出しのみチェック
  • 気になる記事があれば、本文をチェック

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。