就活はくだらない。バカバカしい。アホらしいと文句いっている人は、将来絶対後悔するよって話

皆で同じ色のスーツを着て、ひたすらエントリーシートを書いて、わざわざ遠出してOBに話を聞きに行ったり…もう就活はうんざり、くだらないと思っている人、いると思います。

言わせてください。絶対後悔します。その理由を、お伝えします。

スポンサードリンク

日本の就活ほど恵まれた環境はない


日本で行われている就活は、諸外国と比べ、どれほど恵まれているのかを知れば、くだらないなんて言っている暇はなくなります。

特に、アメリカの就活と比べてみると、それがはっきりします

☑大手・有名企業が、一定の枠を用意してくれる


日本では、トヨタ・三菱商事・リクルートなどの大手企業が、新卒の学生用に、一定の枠を用意してくれています。これ、アメリカではありえないことです。

アメリカの企業は基本、「空いたポストに人を入れる」という発想です。自分が大学を卒業するタイミングで、行きたい企業に、そもそもポストがない、という可能性もあり得るのです。

そう考えると、新卒一括採用という枠組みの中で、皆がひと並びにいい企業へ入社のチャンスがあることは、とても恵まれていることだと思いませんか

☑ポテンシャル採用をしてくれる


就活をしていると、自己PRを書く/話す機会が必ずあります。企業の人事は、学生の自己PRから、その学生のスキル(能力)ではなく、ポテンシャル(伸びる可能性)を見出します

すなわち、学生は、「即戦力にならずとも、将来のびる可能性がある」と思われればOKです。将来のびる可能性ということであれば、ぱっと見、小さな経験でも、「かれこれこう困難を乗り越えたから、こういう素質があると思う」と、論理的に説明さえできればいいのです。

アメリカでは、新卒の学生にも「即戦力」としての能力が求められます。能力を証明するためには、アルバイトというちゃちなものではなく、実際に企業にインターンし活躍した経験、あるいは、学問の世界で目を見張る成果を出した経験が求められます。

海外では目に見えた成果がないと、難関と言われる先に就職することは困難です

一方で、日本の大学生は、サークルやアルバイト、もしくは趣味に時間を多く費やす方が多いと思います。どんな経験でもネタにして自己PRの内容を組めるのは、とてもラッキーであると思いませんか

☑学業成績が悪くてもOK


日本の就活では、学業成績が悪くても、課外活動で話すネタがあれば、どうにかなります。色々な学生の相談に乗ってきた経験上では、学業の話を積極的にする学生の方が、むしろ圧倒的に少ないです

アメリカでは、学業についてもしっかりと見られます。すなわち、大学で何を専攻し、専門性を身に着けてきたかによって、進路もある程度決まります。というのも、アメリカでは職種別採用が一般的であり、専門的な知識を生かす仕事に応募する、という流れがあります。

さらに言えば、アメリカの大学は単位を取るまでがハードであり、皆相当の勉強をしないと卒業ができないため、卒業時点では各自それなりの知識があると認められています。

日本の大学では、卒業さえできれば、内定を取ることが可能です。アメリカに比べて、ずいぶん楽だと思いませんか。恵まれた環境の中で、頑張らないほうが損なのです

最初に入る会社を適当に選ぶとどうなるか


もう一つ、別の観点から、就活を頑張るべき理由をお伝えします。最初に入る会社を適当に決めると、社会人生活が本気でつらくなります

これは銀行に勤めた友人の実体験ですが、当初の銀行のイメージとのギャップが大きすぎて、耐えることができないかったようです。平日も休日も、心と身体の休みを取るので精一杯、転職に踏み切りました。

しかし、転職をしようと思っても、なかなかうまくいきません。転職先では「即戦力」となることが求められます。「即戦力」であることを証明するためには、前職での実績が必要となるのです。新卒では簡単に内定が貰えたかもしれない企業でも、選考なんて全く通過できません

なんとか転職できたものの、第4希望の企業に転職することになったのです

このことからも新卒で入社できることは、どれほどの価値を持っているかわかって頂けたはずです。文句を言いたくなる気持ちもわかりますが、今がチャンスに満ち溢れていることも知って頂きたいのです。

スポンサードリンク

最後に

皆で同じスーツ、いいではありませんか。新卒というだけで、募集枠もちゃんとあります。

エントリーシートラッシュ、いいではありませんか。どんなエピソードでも、論理的に話を作るだけで、自分のポテンシャルをアピールでき、そしてちゃんと受かります。

「くだらない」なんて言ってないで、今頑張ったほうが、絶対得です。内定を取れないで、もしくは、内定が取れた後も、すぐに転職しようとして、後悔はしないようにしてください。

気合入れていきましょう!
【就活】本気になれない…やる気が出ない人に社会人がガチで喝をいれてみる

※今すぐ無料登録すべき就活サイト『Unistyle』

girl-388652_960_720

就活サイト『Unistyle』は就活生全員が今すぐ無料登録することをおすすめします。『Unistyle』を活用するかしないかで、選考結果が左右されるといっても過言ではありません。その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわるコラムが就活サイト中で最も秀逸!

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

『Unistyle』のコンテンツは尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

※「ワンキャリア」企業研究を徹底しよう


内定者のみんなが使っている就活サイト『ワンキャリア』は早いうちから使いこなすことを推奨します。なぜなら企業研究がめちゃくちゃ捗るからです。

企業を調べると”超簡単”に、ありがたすぎる3つの情報をゲットできます。

  • 内定者のES・体験談
  • 企業の選考内容や人事が見ているポイント
  • 説明会・本選考のスケジュール情報

企業研究のエッセンスが1つに集約されている就活サイトは『ワンキャリア』だけ使わない方が明らかに損です。

他のライバルに遅れを取らないためにも、「ワンキャリア」は必須の就活ツールです。無料登録も2~3分で終わるので、是非お試し下さい!

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

関連記事はこちらから!

就活はくだらない。バカバカしい。アホらしいと文句いっている人は、将来絶対後悔するよって話”に1件のコメントがあります。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しまだ

    残念だけどこれが現実。日本がアメリカに負ける理由がわかる記事。