就活偏差値・就活ランキングが全く意味ない理由を元就活生がぶっちゃける

※18卒の就活生に寄稿して頂きました!
今回は就活偏差値・就活ランキングを信じてはいけない理由についての記事を書かせて頂きます。

就活偏差値・就活ランキングを信じすぎて、チャレンジしなかったり、逆に舐めてかかって痛い目にあったりする方が多いです。

本当にあくまで1つの指標でしかなことを解説していきますね!

スポンサードリンク

※前置き:就活偏差値より就活サイトの方が100倍役だつ


先に結論からいうと、就活偏差値を読むくらいなら、就活サイトを読んだ方が絶対に役立ちます。就活サイトの中でも、「Unistyle」がおすすめです。その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわるコラムが就活サイト中で最も秀逸!

よくわからない就活偏差値よりも遥かに役だつことを保証します。是非、就活サイト「Unistyle」に無料登録して就活に役立てて下さい!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

就職偏差値・就活ランキングとは?

就職偏差値・就活ランキングとは、某掲示板で就活生向けに大多数の匿名がまとめた就活の難易度です。

早速、引用しらものをご覧ください。

☑例:18卒文系就職偏差値

[69] 国際協力銀行日本銀行野村證券(GM) フジテレビ三井不動産三菱地所 YCP
[68] 経営共創基盤集英社東京海上(SPEC) ドリームインキュベータ日本政策投資銀行日本テレビ日本取引所野村證券(IB) 三菱総研
[67] 講談社小学館テレビ朝日電通日本生命(AC) 野村AM 三菱商事みずほ証券(IB) みずほFG(GCF) SMBC日興証券あ(セルトレ)
[66] 第一生命(FE) 大和証券(GM) 日本郵船博報堂みずほFG(GM/AM) 三井物産三菱東京UFJ(戦財/FT) 三菱UFJモルガンスタンレー(IB) SMBC日興証券(IB) TBS
[65] アセットマネジメントone 伊藤忠商事コーポレートディレクション商船三井住友商事大和証券(GIB) 大和投資信託委託テレビ東京トヨタ日本財団野村総研(コンサル) 三菱東京UFJ(GCIB) 三菱UFG国際投信 GCAサヴィアン JICA JR東海 NHK

━━━ Sランク━━━

[64] 朝日共同通信国際石油帝石準キー新日鐵住金大和住銀投信投資顧問日経ニッセイAM 日本経営システム日本証券金融任天堂丸紅三井住友AM 三菱UFJリサーチ&コンサルティング読売 JXエネ
[63] 旭硝子味の素出光シェルサントリー証券保管振替機構信越化学全銀協損保協中電東急不動産東ガスドコモ日証協日本相互証券農林中金野村総合研究所(ITソリューション) ホンダ三井住友トラストAM 三菱重工 JFEスチール NTTデータ経営研究所
[62] アビームコンサルティング小田急キリン京王シグマクシス住友不動産損害保険料率算出機構東急東京海上日動東京建物東電日産日本総合研究所(コンサルタント) 阪急三菱化学三菱UFJ信託日本総研(コンサル) みずほ総研(コンサル) JR東 JRA
[61] アサヒ上田八木短資関電川崎汽船時事村田製作所住友化学セントラル短資大ガス大和総研(リサーチ) 中日東京短資東燃日清製粉日本生命日立コンサルティング富士フィルム毎日みずほ情報総研(リサーチ) JR西
[60] 花王サッポロ資生堂首都高速双日デンソートーア再保険豊田通商日揮日本郵便日立三菱電機三菱東京UFJ(OP) JT KDDI R&I

━━━ Aランク━━━

[59] 産経地電電源開発 NEXCO中 NTTデータ東レ富士セロ川崎重工コマツ住友電工森トラストキーエンスキヤノン ANA 三井住友信託武田薬品三菱マテリアルブリジストン
[58] SMBC JFC MS海上 NKSJ 第一生命 3Mジャパン日東電工森ビル NEXCO東西三菱倉庫メタルワン神戸製鋼伊藤忠丸紅鉄鋼旭化成三井化学 IHI ADK ソニー
[57]みずほ銀行(OP) あいおいニッセイ同和明治安田生命住友生命商工中金郵貯銀行 NTT東西野村不動産私鉄下位阪神高速 JX金属 JSR 豊田織機リコー NTTコム富士通(SE除く) クラレ帝人富士通総研日本能率協会コンサル
[56] JR九州昭和電工古河電工島津製作ニコン鹿島住友金属鉱山宇部興産住友倉庫ソフトバンクかんぽ生命日本総研(IT)
[55]りそな銀行日立化成日本製紙日本板硝子大陽日酸積水化学バンナム三菱ガス化学 YKK オムロンアドバンテストコニカミノルタ明治製菓大林組清水建設竹中工務店三井倉庫大和総研(IT) みずほ情報総研(IT)

━━━ Bランク━━━
参照URL:【最新】2018卒/2019卒就職偏差値まとめ【業界多数】

いかがしょうか?これが、某掲示板で作成されている就職偏差値です。一見、入社がなんとなく難しそうな有名企業がずらりと並んでいますよね。

ただ、この指標を鵜呑みにしてはいけません

就職偏差値・就活ランキングを信じてはいけない3つの理由

「なぜこの就活偏差値・就活ランキングを信じていけないか」3つの理由にまとめて説明します。

☑作成しているのは主に入社or就活前の学生!?


そもそも誰が中心になって作っているのか考えてみると「某掲示板に書き込みをする就活前後の学生」になります。

「某掲示板の書き込みをどのように作成されているか」実際に追っていくとわかります笑 学生同士が「この企業の偏差値はあそこより高い」「いやあそこはザル採用だから」など議論しながら、企業の就職難易度が設定されているのです。

そもそも、企業を就活偏差値・ランキングを某掲示板で作成するメリットなどないことからも、作成者は一般人と容易に想像できます。某掲示板の書き込みも趣味の1つだと思うので、社会人が全く関与してないわけではないでしょうが。。。

企業が作成していない時点で、就活偏差値の信憑性が非常に低いことがわかります

☑承認欲求を満たすために作っている


ではなんのために就活前後の学生達は匿名の掲示板でランキングを作っているのでしょうか。目的は主に2つでしょう。

  • 1つ目:就活の難易度の指標が欲しいため
  • 2つ目:承認欲求を満たすため

1つ目の就活の難易度の指標が欲しいというのは主に就活前の方達の心情でしょう。正しいかは別としても、これから志望する企業が世間ではどれ程の難易度かは把握しておきたい気持ちは非常にわかります

2つ目の承認欲求を満たすためというのは、就活後の学生に見られる傾向です。自分が内定した企業の難易度が高ければ「あんなに難しいところに入社できるなんてすごいな」と周りの友人に賞賛されるのが気持ち良いのです

そのため匿名が保証された掲示板で内定先企業の偏差値を1つでもあげようと躍起になりながら、偏差値やランキングの作成に加担するのです

☑データの取り方が不適切


では実際どのように作成しているのでしょうか。実際に掲示板をみると、客観的データは3つありました。

  • 内定者の学歴
  • 内定率:リクナビやマイナビ、就職四季報を参考
  • 複数の内定からどっちを選択したか

就活は当たり前ですが、学歴が全てじゃないです。あくまで学力を測る指標の1つです。また倍率も大手有名企業なら「とりあえずエントリーしておこう」と考える人も多いので自ずと倍率は高まります

このように全員本気で受けに来るわけではないので、倍率=難易度となりません

また複数の内定を得た時、どっちを選択するかとか、ぶっちゃけ単なる好みの問題でしかありません

例えば外資戦略コンサルに内定しながら無名のスタートアップに行った方なども実際にいます。また、落ちた企業の偏差値を下げ、受かった企業の偏差値を上げるといった意図的な偏差値操作なども見受けられます

もう客観的データも難易度を説明するのに不十分すぎて、もはや就活偏差値が何に役だつのか不明です

結論:就職偏差値・ランキングを信じ切ってはいけない

学力だけで判断される大学受験とは違い、そもそも就活って学業成績だけじゃなくて、コミュ力、人柄、課外活動、志望度などなど様々な要因が絡んでます。また、企業によっても採用したい人材は違います。

にも関わらず、学生の主観が混ざりに混ざった就活偏差値・ランキングを何の疑いもなく信じるのはおかしいですよね

ある程度の精度はあるかもしれませんが、あくまで単なる就活の1つの指針でしかないのです

だったら、私もおすすめする就活サイト「キャリアパーク」「unistyle」を読んだ方が有意義です。
『Unistyle』の無料登録はこちらから!
人気企業100社分のエントリーシート集はこちらから!

就活偏差値と現実を比べた結果

これまで就活偏差値・ランキングはあてにならないというスタンスに徹してきたのですが、まだ納得いかない方のためにも私の実体験や、友人の話を少し紹介させていただきます。

結論からいうと実際に就活を体験して、就活偏差値・ランキングをますます信じてはいけないと感じました。

私の周りにもいわゆるFランク大学に属しながら就活偏差値でいうAランク・Sランクに内定している友人や、高学歴なのに舐めてかかったあまりランク外の企業にしか入れなかった学生など本当に多いです。
【就活】Fランは勝ち組になれる?大手への逆転は可能?体験談を基に、全てぶっちゃける

私自身も学歴偏差値でいうところの凖2流程度の大学ですが、京大院生の友人がぽろぽろ落ちた企業の内定を頂いたりしています自分の力と企業とのマッチングを信じて就活に取り組みましょう

まとめ

今回は就活偏差値・就活ランキングについて書かせて頂きました。私自身も就職活動の際には就活偏差値や就活ランキングを見ていましたが、あくまで指標の1つとして参照する程度でした

皆さんも就活偏差値やランキングに縛られずに、自分が心から受けたい企業にチャレンジし納得できる就活をすることをおすすめします

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。