【就活】Fランは勝ち組になれる?大手への逆転は可能?体験談を基に、全てぶっちゃける

※18卒の就活生に書いて頂きました!
今回は学歴社会だといわれる日本の就活でFラン大学生でも勝ち組企業から内定を獲得できるかどうかについて、全てぶっちゃけていきます。

結論から申し上げると、就活までの過ごし方、就活のやり方でFランから一発逆転は不可能ではありません。なので、Fランだからといって、諦める必要は一切ありません。

早速、Fランが就活で成功するまでの裏話を紹介していきます!

スポンサードリンク

Fラン大学から勝ち組企業に入れないという嘘


Fラン大学とは具体的に日東駒専未満の大学を指す時に使われる場合が多いです。世間的に偏差値が低い大学では、就活の際に学歴フィルターにひっかかり勝ち組企業に入社できないと一般的に考えられています。

しかし、必ずしもFランは就活で負け組になると決まったわけではありません。もちろん学歴フィルターが存在する企業もありますが、就活までの経験と就活の進め方によっては一発逆転が狙えます。

実際にFラン大学に在学している私の友人にも、誰もが羨む企業の内定を獲得した人が何人もいます。早速、彼らの経験や戦略的な就活の進め方を紹介していきますね!

勝ち組に仲間入りした人はどんな経験をしていたのか

Fラン大学から勝ち組企業の内定を獲得するには、学歴の差をひっくり返すような経験・エピソードが重要になってきます

企業の人事の方の立場に立って考えてみましょう。もしサークルやアルバイトといったありきたりの経験・エピソードを武器にFラン大学の学生がエントリーしてきたとします。

もし、同じような経験を積んでいる学歴の高い学生もいたら、殆どの場合、学歴の高い学生を採用する人が多いでしょう。その方が人事として採用結果を上司に報告する際に「なぜこの人を選んだのか?」という質問に対する説明の手間が省けるからです。

なので、学歴をひっくり返すような経験・エピソードは必須になってきます。そして、アピールするエピソードで大事なポイントは2つです。

  • 皆が普通しないような経験
  • 簡単に真似できない経験

学歴をひっくり返すような人は「レアなエピソードを持っており、簡単に真似できないような経験を積んでる人」が殆どです。実際にFランから勝ち組企業に入社した私の友人の経験・エピソードはこの条件を満たしていました。

参考までに、この3人の友人の経験と入社先企業を実例として紹介していきますね!

☑有名海外大学への留学、アメリカ・南米横断

ある関東のFラン大学に通うA君ですが、大学1回生の頃に3カ月間イギリスの大学に語学留学して、英語をマスターしました。

その後、海外の魅力にどっぷりはまり、海外で不動産や映像関連の仕事をこなしながらバックパッカーとして南米横断やアメリカ横断に挑戦していました。就活までの大学生活の半分以上を海外で過ごすという普通では考えられない経験をしています

最終的にはグローバルに働きたいという想いから、楽天に入社することができました。

☑手軽にできる海外インターンは穴場でオススメ

kaigai_inturn
いきなり海外の経験は難しいでしょう。そこで、おすすめしたいのが、短期の海外インターンシップです。たったの2週間で濃い経験はできる上に誰でも参加できるので、チャンスです。

私の友人は某企業のインターンシップの選考に落ちたことがきっかけとなり、海外のインターンシップに参加しました。その結果、就活で無双していました

短期間のインターンであれば、常時開催されているので日程調整がしやすいです。さらに、選考過程が一切ありません。全国で無料説明会を一年中、開催しているので、是非参加してみて下さい!
海外ビジネス武者修行プログラム

・詳細はこちら!
短期間の海外インターンシップが熱いので、就活生は1度検討すべし!【参加者の声あり】

☑地下格闘技に4年間をかける

ある九州地方のFラン大学に通っていたB君ですが、彼は高校生の頃からボクシングに打ち込んでいました。大学入学後、基本的には勉強などせずに、毎日遊んで過ごす典型的な大学生活を送っていました。

ひょんな事から地下格闘技というかなり危険な競技に魅力を持つようになり、彼もチャレンジすることにしました。結局4年間で何度も大会に出場し暴走族の元総長などを倒していたそうです

就活では、地下格闘技のようにやっている人なんて殆どいないので、怖くて誰も真似できないようなエピソードを武器にしてました。その結果、志望していた証券業界で内定無双し、結局業界最大手の野村證券から内定を頂いてました。

☑学生起業家・投資家として社会人顔負けの実務経験を積む

関西のFラン大学に通っていたC君は、大学3回の春まで、ごく普通に大学生活をサークルや遊びに費やしていました。

3回生の春にゼミ活動が始まってから、所属するゼミの教授に影響を受け、投資に関心を持つようになりました。教授のサポートのもと、投資分野の学問を猛勉強し、バイトで貯めた50万円を資金に株に投資しはじめました。

その結果、元手の何十倍ものリターンを得て、半年間で学生投資家になりました。就活では、なんと超人気企業である三井物産に内定するという逆転劇を納めています

武器になるようなエピソードを作れば、勝ち組になれる!


今回3名のFラン大学生のエピソードを紹介しましたが、皆それぞれ就活まで精力的に活動し、「周りと被らないような経験を積んだ人」が就活で勝ち組となっています。

このように、簡単に真似できない上に誰もしないようなエピソードを持てば、学歴なんていくらでもひっくり返すチャンスがるのです

勝ち組企業に入社した人は、どんな就活を行なったのか?

武器になるようなエピソードを持っていたとしても、悲しいことに学歴フィルターにひっかかれば面接にはたどり着けません

なので、Fラン大学生にとっては就活のやり方も重要です。ここでは、選考を突破するための重要なポイントを紹介します。

☑学歴フィルターの存在をチェック

学歴フィルターの有無をチェックする方法は2つあります。

  • 1つ目:所属する大学の就職データをチェックすること
  • 2つ目:Googleでサーチすること

1つ目の方法では、所属する大学からOBOGを輩出している企業がわかりますので、自分の大学でも通過できる可能性があるかどうか判断できます。ただし、OOBOGがいなくても可能性が0ではないことは覚えておいてください

もし1つ目の方法で1人もOBOGがいなかった場合は、2つ目の方法で「就活 学歴フィルター 株式会社〇〇」と検索してみると良いです。2chの就職掲示板などに学歴フィルターの有無などが載っていることがあります。

ただし、学歴フィルターが根強くてエントリーしても絶対に受からない企業が存在することもありますので、ご注意下さい。

まとめ

今回はFラン大学から勝ち組企業に内定する方法を紹介しました。

まずは就活までの学生生活で武器になるようなエピソードを作っておきましょう。上記で紹介した経験以外にも、体育会で全国制覇したり、有名企業の長期インターンで社会人顔負けの実績を積んだりと様々な方法があります

Fランだけど就活で勝ち組になりたい方は、周りと被らない特殊な経験を詰んでみましょう!

◯関連記事はこちら!
就活の始め方・やり方。何から始める?必要なものは?就活経験者が丁寧に解説します!

※長期インターンも手軽でおすすめ!


海外インターンシップもおすすめさせて頂きましたが、1番手軽にアピールポイントを作りやすいのはのが、長期インターンシップです。理由はこちら!

  • 長期インターンに参加している就活生が珍しいので、アピールしやすい
  • 何かしらの実績を残す環境へ、簡単に身を置ける
  • インターン先との繋りもできるので内定に繋がりやすい

長期インターンへの参加はメリットばかりで、唯一のデメリットは時間を奪われるだけです。ただ、これだけの手軽かつ確実にアピールできる経験を積めるのは、チャンスだと断言できます

特に、大手企業の長期インターンを紹介してくれる「LEAVING」はおすすめです!無料のキャリア面談を通じて、インターンへの思いや今後の就活にも相談を乗ってくれるほど親切です

ここまで手厚い長期インターンの紹介サービスはありません。約1~2分くらいで無料登録できるので、興味ある方は是非ともキャリア相談に参加してみて下さい!
「LEAVING」のキャリア面談の無料登録はこちら!

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。