就活、大変だからやめる!と投げ出すのは危険すぎ。考え直すことをおすすめする

※社会人の方に書いて頂きました!
人生を左右すると言われている就職活動。リクルートスーツに身を包み、就活に励む学生が社会人に向けての第一歩を踏み出そうとしています。しかし、周りの人とは裏腹に「大変で投げ出したい!」なんて思っていませんか?

就活を辞めたくなる気持ちは激しくわかるのですが、非常に危険です。その理由を解説していきます。

スポンサードリンク

確かに就活は大変…でも投げ出すのはリスキー

大学三年生も終わりに近づいてくると、就活モードになっていきます。すると、大学の授業・ゼミ・卒論・バイトと既に忙しい生活の中に、新しく”就職活動”というものが加わります

すると、就活のせいで時間と心の余裕がなくなり、自分のキャパシティを超えた時には「もう就活、辞める!」と投げ出したくなる就活生はいるかもしれません。

その気持ちは本当によくわかるのですが、就活を投げ出すと、後悔し続けるかもしれません。なぜなら、新卒の就活は非常に優遇されており、今後の人生を左右する可能性が高いからです。
就活を辞めたいと諦める人に必ず知って欲しい現実を紹介する

新卒就活の方が実は楽ってこと

日本では新卒就活が一般的です。新卒者を一括で採用して一緒のタイミングで教育を始めます。このとき新卒に能力は必要とされていないので、スキルを求められることはありません

つまり、スキルゼロでもポテンシャルのある新卒者ということを採用担当者にアピールできれば、大手企業や優良企業に入社することができるのです

一方で転職であれば、いままでの実績や経験、培ったスキルが求められます。さらに即戦力として採用されるため、スキルがないと転職活動がスムーズに進みません

なので、新卒の就活は、”自由に好きな企業を志望できる”人生の大きなチャンスなんです。そんなビックチャンスを投げ出して、既卒で就職活動を行ったらどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

新卒じゃないといきたい会社にいけないことも…


就活を途中で辞めて既卒で就職する場合、非常に不利になります

日本では新卒一括採用が一般的なので、既卒者の採用枠を設けていない企業も多く存在し、既卒者としても選択肢が狭まってしまいます。行きたいと思った会社にいけない可能性が高くなるのです。

また、既卒ということは就活自体を行っていない、もしくは新卒就活に失敗したことを意味します。企業側からすると「なぜ新卒就活をしていないのか?」「どこも採用しなかったということは何か問題でもあるのでは?」となり、マイナスな印象になりがち

もちろん一部の会社だけかもしれませんが、少なくとも既卒は新卒よりも就職しにくいという恐ろしい現実が待っています。
就活で何もしてないとどうなる?スタートが遅い就活生の末路を経験者が物語る

最後に

就活を終えた人や社会人に「就活どうだった?」と聞くと、多くの人が口を揃えて「大変」「もう二度としたくない」と言います。時間にも精神的にも余裕がなくなる就活は、まさに狂いそうになるほどのものです。

しかし、ここで就活を諦めてしまう方があとあと大変なことになってしまいます。行きたい会社にも行くチャンスがない、いろんな企業に応募しても書類すら通らない。そんな就活の方が地獄だと思いませんか

大変な今だからこそ「いかに就職活動を終わらせるか」を真剣に考えて、就活と向き合ってみましょう。就活後の人生をより良くするために、就活中だけは踏ん張ってみると、明るい未来が待っていますよ!

◯関連記事はこちら!
就活がだるい…だるすぎると感じる人にモチベアップの秘策を紹介する

おすすめ:「キャリアチケット」で就活のプロに相談してみる


就活のプロに一度相談したい…内々定までの道も教えてくれたら…と悩んでいる19卒もいるでしょう。そんな方には無料サービス「キャリアチケット」をオススメします。その理由はこちら!

  • 就職のプロが就活の相談にのってくれる
  • ES添削・面談対策のサポートが手厚い
  • 優良企業を紹介してくれる!

就活のプロが企業選びやES・面接対策など、就活の一連の流れをお手伝いしてくれます。就活のプロから的確なアドバイスを頂けるので、就活の課題も早期にみつかるのが良いですね。滑り止めを見つけるチャンスがあるのも凄いです。

就活サポートを活用したことで安心感が一気に増して好循環に乗れる就活生はたくさんいます。ここまで手厚い就活サービスを使うか使わないかで、精神的に大きく変わるのは、よくある話です。すると、就活の結果に良い影響を与えてくれます。

今後の将来がかかっているからこそ、自分自身のためにも、ぜひ無料登録して、初回カウンセリングを受けることをおすすめします!
「キャリアチケット」に無料相談してみる

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

関連記事はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。