NTT東日本 ES編

16卒NTT東日本のESに関する締切日と質問事項です(17卒も同じでした)。私はマイページには登録したのですが、選考には応募しませんでした。NTT東日本を志望する就活生のお役に少しでもなって頂けたら幸いです。

レターボックスをみたら、ESの内容開示に関するメールはありませんでした。志望度が高い人はこまめにチェックした方が良いです。

注意点として、ES・WEB適正検査を終えて、エントリー完了です。ESを提出しても、WEB適正検査があるので、油断しないようにしましょう!
【就活 失敗談 ES編】提出物は確認しないと、選考に落ちます

・WEB対策本はこちら!
【Webテスト対策本・参考書 おすすめ】私イチオシのみ厳選しました

スポンサードリンク

締切日

ESの締切日は【4月13日~6月5日】でした。締切日はそこまで早くないです。しかし、受付期間が長いので、提出する早さ次第ではライバルより志望度の高さをアピールできます。サクッと仕上げて、ESを出すことをオススメします。
ES提出は早い方が有利!就活経験者が理由をお答えします

質問事項

ESの質問事項は以下の通りです。非常にオーソドックスな内容でした。

【ES】
①あなたの学生生活において直面した最も困難なことと、それをどう乗り越えたかについて、具体的なエピソードを基に説明して下さい【400文字以内】
②あなたがNTT東日本というフィールドで挑戦し、成し遂げたいことについて具体的に教えてください【400文字以内】

※追記 2016/12/21
17卒も全く同じ質問でしたが、②の質問だけ文字数制限が【400文字以下⇒200文字以下】に変更されました。ヘビーな質問だっただけに、就活生としては有り難い変更ですね笑

スポンサードリンク

総評

①は非常にオーソドックスな質問です。すでに、他企業でESを書いたことがある人は速攻で書き終わります。一方で、初めてESを書く人にとっても、就活で必ず出会う質問なので、真剣に取り組んで下さい。

その後、色んな場面で使い回しができて、選考が少しばかりラクになります。
『学生時代に頑張ったこと』の書き方【例文あり ES編】

②は面倒臭いです笑 なぜなら、【NTT東日本ならでは】の内容を書かないといけないので、大変だと思います。少し時間がかかるかもしれませんが、面倒事を放置せずに、自分で締切を作って早めに仕上げましょう

ちなみに、私は成し遂げたい系の質問が非常に苦手で【ザ・テンプレ!】しか書けず悩んでいましたが、途中から開き直って、「えい!」そのまま出すようになりました。

まとめ

  • ES内容の開示お知らせはないので注意
  • 長期間受付されているが、さっさと出そう
  • WEB適正検査は忘れずに!

※「ワンキャリア」で企業研究を徹底しよう


内定者のみんなが使っている就活サイト『ワンキャリア』は早いうちから使いこなすことを推奨します。なぜなら企業研究がめちゃくちゃ捗るからです。

企業を調べると”超簡単”に、ありがたすぎる3つの情報をゲットできます。

  • 内定者のES・体験談
  • 企業の選考内容や人事が見ているポイント
  • 説明会・本選考のスケジュール情報

企業研究のエッセンスが1つに集約されている就活サイトは『ワンキャリア』だけ使わない方が明らかに損です。

他のライバルに遅れを取らないためにも、「ワンキャリア」は必須の就活ツールです。無料登録も2~3分で終わるので、是非お試し下さい!

※企業のES情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』にはほぼ全ての企業におけるESと回答例がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、面接対策などの就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!

※『キャリアパーク』無料配布の内定者ES集は活用すべし

gatag-00007485
有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンで人気企業100社分の内定者におけるエントリーシートを無料プレゼントしています(白目)

内定者のエントリーシートですので、すでに通過していることが証明されています。ですので、ES対策で参考になるのは言うまでもありません。第1志望の企業のエントリーシートも存在する可能性もあるので、絶対にダウンロードすべきでしょう。是非ご活用下さい!

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

関連記事はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。