【就活】インターンシップの重要性を就活ガチ勢が語ってみる

就活におけるインターンシップといえば、以前は企業説明会の延長線的な要素が強いものでした。

しかし、就活時期が12月解禁から3月解禁に後ろ倒しになった現在、インターンシップの重要性がかつてないほど増してきています

本日は、インターンシップがなぜ重要となっているのか、そしてインターンシップにどのように向き合えばよいのかについてお伝えします。

スポンサードリンク

インターンシップは「非公式選考会」化している


インターンシップは現在、企業選考の場としての要素を強めています。経団連に加盟している企業であれば、公式の選考活動解禁は6月でありますが、現状はインターンシップを通じて就活生を評価し、優秀な就活生は即座に囲い込んでいます

就職活動が3月解禁になったことで、夏のインターンから数えれば約半年、学生に対してアクションが取れないことになります。その間に、経団連に加盟していない企業(外資系など)による、優秀な就活生の囲い込みが激しくなる…と企業は恐れているのです

そのため、非公式な選考活動の一環として、インターンシップに力を入れだすことになったのです。

インターンシップに参加するメリットが多すぎる…!

インターンシップに参加できるメリットが就活生に多いのも、インターンが重要といわれる要因の1つです。具体的なメリットはこちら

  • 本選考が有利になりやすい
  • 就活仲間ができる
  • 企業の軸を見つけられる
  • 選考を経験することで、就活本番の対策をイメージしやすい

本選考が有利になるのはもちろん、就活仲間のネットワークが広がるのも、インターンシップだからこそ得られるメリットです。就活仲間が広がることで、情報収集が捗ります

さらに働くことを少しでも経験できることで、どのような企業で働きたいのか(残業時間・人間関係・やりがい等)イメージできます。

そして、インターンの選考を経験することで、就活本番での対策『どんな選考が難しく、対策に時間がかかって、どう対応すべきか』を頭の中で明確にできます。その結果、他のライバルよりも差をつけやすくなるのです
インターンシップのメリット・デメリットを企業と就活生の視点で紹介します

これだけのメリットがあるのだから、インターンシップは重要と言われているのです。

自己分析・企業研究を十分に行い、面接に除む


インターンシップは就活で重要な位置づけであるからこそ、全力で選考対策すべき
です。

その際、インターンシップの選考=就活本番の選考であるという認識を持ち、自己分析と企業研究を行いましょう。企業側も、本選考の気持ちで面接に臨んできます。全力を出すスタンスでないと、選考に落ちる可能性は十分に高まります

インターンシップの選考が始まる1-2カ月前より、準備を始めておくべきです。そうすれば、仮に落ちたとしても、全力で対策した経験は就活本番で必ず活きてきます
インターンシップに落ちるも問題なし!落ちたら、次に活かせばOK。その理由を公開します

インターンシップにフルコミットできる環境を整えよう


インターンシップの選考を通過し、晴れて参加の権利を得た人は、可能な限り他の予定はいれないで、インターンシップにフルコミットしましょう。

そして、最高の成果を出せるように努力しましょう。アルバイト等は、この期間にはあまり入れないべきです

インターンシップでの成果は内定につながるもの
です。早めに内定をとり、今後の就活を有利に進めるべく、全力でワークに取り組みましょう!

先輩社員の話をよく聞いておこう


インターンシップに同席する社員は、その企業のエース社員である可能性が高いです。エース社員であれば、就活生のワークに対して適格なフィードバックを行い、グループの成果物のクオリティを高めることでしょう

エース社員が担当してくれる理由は、就活生にとってインターンシップの満足度向上につながり、企業自体に対しての好印象にもつながるからです。就活生の志望意欲を最高に高める効果もあります。

就活生にとっては、エース社員に腰を据えて話をできる貴重な機会がになるのです。まさに、最高のOB訪問の機会となります。仕事のやりがい、成功の秘訣など、色々なことを質問し、メモを残しておきましょう。

その内容を、選考本番の面接で話すことで、他の就活生と比べ、オリジナリティがあり、説得力のある志望動機を伝えることができます

さいごに

いかがでしたか。インターンシップは選考です。

全力でインターンシップの選考、及び本番に臨むことで、内定につながる道を切り開くことができます。今から着々を準備を重ね、就活において、最高のスタートダッシュを飾りましょう

※海外のインターンシップは穴場でオススメ

kaigai_inturn
新たなインターン先として、海外のインターンシップはチャンスです。私の友人は某企業のインターンシップの選考に落ちたことがきっかけとなり、海外のインターンシップに参加しました。

その結果、就活で無双していました

短期間のインターンであれば、常時開催されているので日程調整がしやすいです。さらに、選考過程が一切ありません。全国で無料説明会を一年中、開催しているので、是非参加してみて下さい!
大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

・詳細はこちら!
短期間の海外インターンシップが熱いので、就活生は1度検討すべし!【参加者の声あり】

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。