【就活】面接対策で練習してないけど大丈夫?まじで危険だから気をつけた方がいいよって話

※18卒の某コンサルに内定を頂いた方に寄稿して頂きました!

「面接なんて面接官との相性だから合否は運。練習しても無駄」などの意見を耳にすることがあると思います。しかし、就活していた私としては、断固反対意見です。面接は対策すればするほど必ず上手くなります

私も元々は運だと思って対策などしてませんでしたが、対策を怠っていた就活当初は本選考もインターンシップも普通に落とされました。落ちた自分が悔しくて自分なりに様々な対策を行っていくうちに面接が得意になり、二度と落ちなくなりました。

面接対策で練習しないと本当にキツイ理由について、具体的に述べさせて頂きます。面接の練習はしなくていいかな?と悩んでいる方は是非一度してみて下さい。

スポンサードリンク

その1:面接のプロは短時間で人柄を見抜くから


「時間も短いし面接はなんとか猫かぶって乗り越えられるだろう」「話す内容させ考えておけば大丈夫」と考えている方も多いかもしれません。結論からいうと、面接は余裕かもという油断はかなり危険です。

面接官はあなたの姿勢や口調、顔つきをよく観察しており、良いところだけじゃなく悪いところも短時間で全て見抜くことができます。

実際に私自身某メガベンチャーの15分の面接後「私にどんな印象を持ちましたか?」とを求めたのですが、その時に「自分に自信を持っており、周りからも頼られそうだか、ぐいぐい自分から前に出るタイプではなさそう」と人柄が完璧に見抜かれてました

びっくりして、「どうやってそんな事判断してるのですか?」と聞くと「今まで何万人もの学生と面接してきたから、姿勢や目線、話す速度、手振りからだけでもどういうタイプかは判断できる」と仰っていました。

面接官はやはりプロです。話す内容意外からも様々なシグナルを拾ってあなたの人格を見抜いてきます。わざわざ面接で自分の悪い面を全てさらけ出す必要は全くないので、最低限面接に適した姿勢・口調・顔つきを作る練習は必ずしておくべきです。

その2:優秀なライバルが大勢いる


大企業になれば志望者は腐るほどいます。例えば1万人のエントリーがあって採用は100人だとしましょう。倍率は100倍ですね。100人に1人の優秀な人材であることを短い時間で効果的に伝えないといけないのです

真剣に就活している方は面接の練習を積み重ね、様々な角度からフィードバックを何度も得てエピソードに磨きをかけ、どんな質問にも答えられるように準備しています。正直、練習を全くせずに彼らに勝てるわけがないのは想像できると思います

練習しないことは自分自身でハンデを背負っているのと同じです。面接で周りのライバルに勝ちたいなら、練習は必要不可欠です

その3:緊張でパニックになってしまう


面接は予想以上に緊張することがあります。面接で緊張する理由は主に2つあります。

1つ目は、面接の独特な雰囲気の中で行われるからです。実際に面接を一度受けてみるとわかるのですが、面接中はまるで自分の品定めをされているような独特な雰囲気を感じることになります。この雰囲気に飲まれて緊張してしまう事が多いです。

2つ目は、自分をよく見せようとして背伸びをしてしまうからです。内定をいただきたいという思いが強くなるほど、「素晴らしい人間を演じなければならない」というプレッシャーに襲われ緊張てしまいます

私自身上記の2つの理由で緊張のあまり考えていた質問に対する回答をど忘れしたり、一人称で「私(わたくし)」というべきところを焦って普段言い慣れた「僕(ぼく)」と言ってしまったり、多々失敗談があります。経験上、場数さえ踏めば面接にも慣れてくるので、独特の雰囲気の中で、等身大の自分を評価してもらえるように面接練習をしておくべきです
【就活】面接で緊張しすぎる人に緊張しない方法を就活ガチ勢が伝授する

その4:企業によって面接の形式が異なる


そもそも、企業によって面接の方法が異なりますので、企業ごとに面接対策が必須の場合があります

例えばアクセンチュアではケース面接があり、逆質問の時間が面接時間の3分の1も設けられています。一方で、キーエンスでは説得面接や10秒自己PRがあります。他にも、リクルート、トヨタでは「なぜ」と繰り返し深掘りされたりと企業によって面接の形式は様々です。

私はコンサル業界は面接対策したので全勝しましたが、面接対策を全くしなかったキーエンス等は落ちました。

みなさんには私のように面接が始まってから「企業ごとに対策をしておくべきだった」と後悔して欲しくないので事前に各企業の面接傾向に関する情報収集を怠らず、対策を練っておくべきです。

一度面接をやってみるといいよ


面接の難しい理由を述べてきましたが、まだ簡単だと思ってらっしゃる方がいると思います。そういった方は是非友人、家族、もしくは一人で脳内シュミレーションであっても一度模擬面接をやってみてください

短い時間で自分の考えを人に伝えるのは意外と難しいのがわかります

おすすめな面接の練習方法は就活サービス「マイナビ新卒紹介」で就活のプロに面接練習をしてもらう方法です。無料登録することで、面接の練習をお願いできます。

すると、自分では気づかない駄目な部分を知ることができることで、面接に落ちる確率が一気に減ります。とはいえ、面接姿を友人にさらけ出すのは恥ずかしいし、中々そんな機会もないです。

だからこそ「マイナビ新卒紹介」は凄いですし、今すぐ活用すべきでしょう。今後の将来がかかっているからこそ、自分自身のためにも、ぜひ無料登録して、初回カウンセリングを受けることを強くおすすめします、

驚きなことに、「マイナビ新卒紹介」のサービスは全て無料です(爆)新規無料登録はスマホ・PCから2分しかかからず、手間もかかりません。是非「マイナビ新卒紹介」に無料登録して就活に役立てて下さい!
『マイナビ新卒紹介』の無料登録はこちら!

最後に

面接は舐めてかかってはいけません。あなたのライバルは無数にいます。面接対策をまずは行ってみて自分の現状の実力を確認してみてください。

面接を一度でも経験してからはじめて対策が必要か不必要かがわかるものです。「面接練習は自分には必要ない」と言うまえにまず一度だけでも面接対策をやってみてください。それが必ず憧れの企業への内定に近づくための第一歩となります。

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。