合同説明会(合説)に行く意味はある?参加すべき?就活経験者がお答えます

a0007_001260

今回は、【合同説明会に参加する意味】を考えます。就活解禁直後、マイナビやリクナビなどが主催する合同説明会がたくさん開かれます。大手企業のブースも存在するため、行くべきかどうか悩む方も多いのではないでしょうか?

しかし、半日潰れる上に疲労も溜まるので、なあなあで参加することは無駄な行為です。合同説明会に参加する上で、頭に入れて欲しいことを伝えます。

スポンサードリンク

合同説明会は企業の宣伝

合同説明会は就活生のために存在するわけではありません。新卒採用する企業を就活生にアピールするイベントです。参加する企業は主催するリクナビやマイナビなどにお金を支払い、就活生にアピールするのです。

ですので、就活生はお客様扱いとなります。ここで注意して欲しいことは、企業の宣伝にすぎないので、選考に一先関係しないことです。もし、【選考に関わるなら行こうかな?】と悩んでいるなら、合同説明会に参加しないことを強くオススメします。

HPから情報収集可能

合同説明会は企業の宣伝が目的なので、簡単な概要しか伝えません。採用ホームページにある情報の方が充実しています。ですので、すでに気になっている企業があるのなら、合同説明会に参加せず、自宅で採用ホームページを閲覧した方が効率が良いです。

大手企業はただの客寄せ

実は、大手企業が合同説明会に参加する目的はたんなるイベントの客寄せです。そもそも、大手企業はすでに有名なので、宣伝する必要性はありません。イベント内で大手企業のお偉いさんが講演することがあります。

これは、リクナビやマイナビがお金を支払ってお願いしているのです。そうすれば、たくさんの就活生が来るので、イベントは繁盛します。

ですので、大手企業がたくさん参加しているから、重要なイベントかな?と思っている方は騙されてます笑 絶対参加しないと損する!みたいな雰囲気がありますが、そこまで重要なイベントではありません

中小企業の宣伝が裏の目的

合同説明会の本当の目的は中小企業の宣伝です。名が知られていない企業は就活生が中々寄ってきません。ですので、リクナビやマイナビに代金を支払って、就活生にアピールする場を設けてもらいます。

つまり、裏にある背景には、中小企業もリクナビ・マイナビも両者が満足するビジネスモデルがあったのです!

志望業界を広げたいなら、参加しよう!

合同説明会に参加して意味のある就活生は【知らない企業を見つけたい人】です。志望企業の範囲を広げたい人にとっては、自宅では入手しずらい情報【名が知られていない中小企業・B to B企業】が入手できます

志望企業を広げたい人には、意味のあるイベントです!

最後に

私は合同説明会を否定しているわけではありません。ただ、目的を持たずに合同説明会に参加することが無意味であることを強調したかっただけです。

もし合同説明会に参加するなら、【なんのために参加すべきか】1度考えて下さい。【自宅では達成できない】【時間と疲労を引き換えする価値がある】のなら、合同説明会に参加しましょう!

企業説明会の意義も、参考にしてみて下さい!
企業説明会に行く意味を勘違いしてないか?説明会に参加する上で、意識して欲しい3つのこと

まとめ

  • 合同説明会の目的は名が知られていない企業の宣伝
  • 志望企業を広げたいなら、参加する意味あり
  • 目的を持って、合同説明会に参加すること

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。