『弱み・短所』の書き方【例文あり ES編】

他記事で、ざっくりとしたESの書き方を紹介しました。
ESの書き方を誰でも簡単にわかるように解説します

今回は頻出質問【学生時代に頑張ったこと】【自己PR・強み】【志望動機】とは別に、【弱み・短所】というマイナス点を表現する戦略・書き方を説明していきます。頻出質問な上に答えづらいので、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

弱み・短所を聞く目的

人事は就活生についてたくさん知りたいからです。完璧な人間はこの世に殆どいないからこそ、「どのような弱み・短所を抱えているのか」興味があります。

なので、自覚している弱み・短所を素直に書けばOKです。ただし、注意点が2つあります。
面接で人事が学生に求める2つの素質

注意点 その1:ハイリスクすぎる弱み・短所はアウト

仕事に間違いなく支障がでる弱み・短所は避けて下さい。というのも、人事も擁護できないので、採用する意味がないからです。一例として、避けるべき弱み・短所を3つあげときます。

  • コミュニケーションが苦手
  • 遅刻が常習的
  • 約束を守れない

このように、一目で仕事に悪影響を及ぼすことがわかる弱み・短所はダメです!

注意点 その2:強み・長所を強調しすぎた表現を避ける

弱み・短所を聞いているのにも関わらず、長所・強みを強調した弱み・短所はアウトです。なぜなら、質問である『強み・長所』の答えになっていないからです。

【典型例】
私の弱みは【頑張りすぎて、周囲が見えなくなること】です。

『頑張りすぎて』は長所ですので、質問の回答になっていません。こういう場合は『周囲が見えなくなる』のみでOKですので、気をつけましょう!

基本的な流れ

それでは、『弱み・短所』の書き方を紹介します。基本的な流れは【弱み・短所の表現】⇒【根拠・具体的な説明】⇒【現在どのように向き合っているか】です。それぞれ、解説していきます。

STEP1:弱み・短所の表現

まず、結論である自身の弱み・短所を書きます。指定文字数が少ないことが殆どなので、簡潔に一言で表現すればOKです!

STEP2:根拠・具体的な説明

次に、弱み・短所の根拠を添え、具体的に説明します。どのような背景・根拠から弱み・短所が生まれ、「どのような症状なのか」説明しましょう。

そして、説得力を増すために、具体的に書くことを意識して下さい

STEP3:現在どのように向き合っているか

そして、「現在どのように向き合っているか」書いて、締めましょう。ただ、弱み・短所だけ書いては、弱点を晒しているだけです。

なので、今後どのように向き合うか(可能であれば、『今後どう治していくか』を添えて )書くことで、人事を安心させることができます

具体例

最後に、具体例を載せます。ご参考までに

【弱み・短所の表現】
私の短所は『決断力が遅いこと』です。

【根拠・具体的な説明】
「断つ」選択肢の先行きを想像してしまい、即決できません。その結果、無意味に時間を浪費する傾向があります。

【現在どのように向き合っているか】
現在は、決断する上で必要な軸を挙げ、優先順位をつけています。そして、根拠を持つことで、躊躇なく決断できるよう心掛けています。

まとめ

  • 基本的な構成は【弱み・短所の表現】⇒【根拠・具体的な説明】⇒【現在どのように向き合っているか】
  • 最初は簡潔に表現し、具体的に説明すること
  • 最後に、「どう対処しているか」記すこと

※『マスナビ』が提供する就活に役立つツールが熱い!

masunabi1-min
就活サイト『マスナビ』が提供する就活ツールが、就活対策する上でめちゃくちゃ役立つと思ったので、紹介します!その就活ツールがこちら

  • 面接で必ず聞かれる3つのこと
  • 1から学ぶグループディスカッション―基礎編
  • エントリーシートの基礎の基礎

無料登録すると、就活の選考で鬼門となる3つの山場(ES・グループディスカッション・面接)の対策方法がまとめられたPDFを無料ダウンロードできます。なので、就活本の代わりにもなります。しかも、最も倍率が高い大手広告企業を潜り抜けた内定者が書いているのだから、説得力もあります。

実際に、基礎から丁寧に解説しているので、誰が読んでも役立つ上に、就活対策でも最も大事な部分も抑えているのが、素晴らしいです。なので、就活生は全員参考になると断言できます。

無料登録ですし、登録時間も1~2分です。登録の手間を考えたら、無料登録しない方が圧倒的に損です。メディア志望の就活生はもちろん他の就活生も、是非無料登録して就活に役立てることをおすすめします。
【マスナビ】

※企業のES情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』にはほぼ全ての企業におけるESと回答例がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、面接対策などの就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

※『キャリアパーク』無料配布の内定者ES集は活用すべし

gatag-00007485
有名な就活サイトに『キャリアパーク』がありますが、現在キャンペーンで人気企業100社分の内定者におけるエントリーシートを無料プレゼントしています(白目)

内定者のエントリーシートですので、すでに通過していることが証明されています。ですので、ES対策で参考になるのは言うまでもありません。第1志望の企業のエントリーシートも存在する可能性もあるので、絶対にダウンロードすべきでしょう。

就活生の方は下記のリンクから、是非ご活用下さい!
人気企業100社分のエントリーシート集はこちらから!

関連図書:オススメのES対策本


◆レビュー
ESの書き方がわかるES対策本【合格実例集&セオリー ES編】

参考:他の頻出質問における書き方はこちら!
『自己PR・強み』の書き方【例文あり ES編】
『学生時代に頑張ったこと』の書き方【例文あり ES編】
『志望動機』の書き方【例文あり ES編】
研究内容・概要の書き方【例文あり ES編】

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。