『弱み・短所』の書き方【例文あり ES編】

-shared-img-thumb-PAK72_kirainajyousi20140810134221_TP_V

他記事で、ざっくりとしたESの書き方を紹介しました。
ESの書き方を誰でも簡単にわかるように解説します

今回は頻出質問【学生時代に頑張ったこと】【自己PR・強み】【志望動機】とは別に、【弱み・短所】というマイナス点を表現する戦略・書き方を説明していきます。頻出質問な上に答えづらいので、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

弱み・短所を聞く目的

人事は就活生についてたくさん知りたいからです。完璧な人間はこの世に殆どいないからこそ、「どのような弱み・短所を抱えているのか」興味があります。

なので、自覚している弱み・短所を素直に書けばOKです。ただし、注意点が2つあります。
面接で人事が学生に求める2つの素質

注意点 その1:ハイリスクすぎる弱み・短所はアウト

仕事に間違いなく支障がでる弱み・短所は避けて下さい。というのも、人事も擁護できないので、採用する意味がないからです。一例として、避けるべき弱み・短所を3つあげときます。

  • コミュニケーションが苦手
  • 遅刻が常習的
  • 約束を守れない

このように、一目で仕事に悪影響を及ぼすことがわかる弱み・短所はダメです!

注意点 その2:強み・長所を強調しすぎた表現を避ける

弱み・短所を聞いているのにも関わらず、長所・強みを強調した弱み・短所はアウトです。なぜなら、質問である『強み・長所』の答えになっていないからです。

【典型例】
私の弱みは【頑張りすぎて、周囲が見えなくなること】です。

『頑張りすぎて』は長所ですので、質問の回答になっていません。こういう場合は『周囲が見えなくなる』のみでOKですので、気をつけましょう!

基本的な流れ

それでは、『弱み・短所』の書き方を紹介します。基本的な流れは【弱み・短所の表現】⇒【根拠・具体的な説明】⇒【現在どのように向き合っているか】です。それぞれ、解説していきます。

STEP1:弱み・短所の表現

まず、結論である自身の弱み・短所を書きます。指定文字数が少ないことが殆どなので、簡潔に一言で表現すればOKです!

STEP2:根拠・具体的な説明

次に、弱み・短所の根拠を添え、具体的に説明します。どのような背景・根拠から弱み・短所が生まれ、「どのような症状なのか」説明しましょう。

そして、説得力を増すために、具体的に書くことを意識して下さい

STEP3:現在どのように向き合っているか

そして、「現在どのように向き合っているか」書いて、締めましょう。ただ、弱み・短所だけ書いては、弱点を晒しているだけです。

なので、今後どのように向き合うか(可能であれば、『今後どう治していくか』を添えて )書くことで、人事を安心させることができます

具体例

最後に、具体例を載せます。ご参考までに

【弱み・短所の表現】
私の短所は『決断力が遅いこと』です。

【根拠・具体的な説明】
「断つ」選択肢の先行きを想像してしまい、即決できません。その結果、無意味に時間を浪費する傾向があります。

【現在どのように向き合っているか】
現在は、決断する上で必要な軸を挙げ、優先順位をつけています。そして、根拠を持つことで、躊躇なく決断できるよう心掛けています。

まとめ

  • 基本的な構成は【弱み・短所の表現】⇒【根拠・具体的な説明】⇒【現在どのように向き合っているか】
  • 最初は簡潔に表現し、具体的に説明すること
  • 最後に、「どう対処しているか」記すこと

関連図書:オススメのES対策本


◆レビュー
ESの書き方がわかるES対策本【合格実例集&セオリー ES編】

参考:他の頻出質問における書き方はこちら!
『自己PR・強み』の書き方【例文あり ES編】
『学生時代に頑張ったこと』の書き方【例文あり ES編】
『志望動機』の書き方【例文あり ES編】
研究内容・概要の書き方【例文あり ES編】

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。