大成建設 1次面接~最終面接編【内々定者 体験談】

17卒の大成建設における【1次面接~最終面接】を紹介します。大成建設から内定を頂いた知人に情報提供して頂きました。
一般選考とリクルータ選考の2つがあり、知人はリクルータ選考でした。

リクルータ選考の流れは【リクルータ面談】⇒【Webテスト:TG-web】⇒【1次面接】⇒【筆記試験】⇒【最終面接】です。

・面接の注意点はこちら!
面接で落ちる就活生に共通する7つの過ち

・面接対策のまとめ記事はこちら!
面接対策でやること・やり方を元就活生が全力で14つ まとめてみた
面接の通過率が大幅に上がる話し方10ヶ条

スポンサードリンク

面接日

書類選考の通過は【4/15】にメールできました。そして1次面接の日程は、4月の上旬でした。
大成建設 ES編

1次面接

リクルータ推薦の場合、1次面接がほぼ最終面接(部長との面接)です。面接時間は30分くらいでした.

◯質問事項
・電気メーカーやインフラ企業ではなく、どうして建設業界を志望しているのか?
・建設業界の中で、なぜ大成建設なのか?
・成績について
・サークル活動での自分の役割
・夢について

志望動機について、かなり深堀していく感じでした。また面接官は5人で圧迫面接でした。逆質問はありませんでしたが、恐らく時間がなかったからだと思います。

基本的に『この会社に、どうしても入りたい』という気持ちをアピールすれば、合格できる面接です!

・面接の想定質問集はこちら!
【志望動機編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【学生時代頑張ったこと編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【自己PR編】面接のよくある質問例を10コまとめてみた
【研究編】面接のよくある質問例を5コまとめてみた

1次面接の合否連絡

面接を受け終わってから、30分以内に電話で連絡が来ました.

筆記試験

試験内容は、専門科目と一般科目を90分間で解くような形式でした。基本的に、選択肢の中から回答を選ぶ形式です。

一般科目については、SPI・テストセンターに出題される算数・国語や大学受験のセンター試験のような英語もあれば、社会保険、基本的人権、時事問題などの一般常識を問う問題もありました。

専門科目については、自分の研究について、文系の方が見てもわかるように説明する問題がありました。また、自分がどの専攻なのか(電気・機械・建築)によって、問題が変わります。計算問題よりも、『専門用語の知識があるかどうか』を問う問題が多かったです。
【研究・ゼミ】を小学生にもわかるように説明する方法、伝授します!【超簡単】

筆記試験の感想

正直、出来レースのような印象を受けました。というのも、この筆記試験を受ける前に、2次面接の連絡がきました。実際に、私は全く解けた気がしませんでしたが、合格できました。

リクルータ推薦で1次面接を受かっている人の中には、リクルータから過去問をもらって対策している人もいました

筆記試験の合否連絡

筆記試験の翌日に、連絡がきました。

最終面接

面接時間は15分間で、志望動機と意思確認程度の面接でした。

最終面接の合否連絡

即日に電話で内々定を頂きました

大成建設を志望する学生は参考にしてみて下さい!

※企業の選考情報が豊富な『Unistyle』は今すぐ活用しよう

girl-388652_960_720

ここだけの話、就活サイト『Unistyle』には有名企業や大手の選考情報がたくさん載っています。なので、今すぐ無料登録することをおすすめします。

2016年9月までは有料(約3000円)でしたが、今は無料登録するだけでみれます。最初無料になったと聞いたときは「嘘だろ笑」と思ってましたが、本当でした(真顔)

さらに、過去のESも回答例とセットで全てみれます笑 そして就活コンテンツも尋常じゃないくらい質が高いので、読むだけで就活対策に繋がります。実は私も愛読していました笑 心の底からおすすめできるので、まだ未会員の方は今すぐ登録しましょう!
『Unistyle』の無料登録はこちらから!

関連図書:オススメの面接対策本


◆レビュー
【面接対策本 オススメ】どんな質問も対応できる私イチ押しの【ロジカル面接術】

人気トップの就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。