就活生のバイブル【就職四季報】※取扱説明書あり

gatag-00010557

就活解禁前に志望業界や企業を真剣に考えることは必須です。そのためには、色んな企業を知ることが求められます。前回は、その手助けをしてくれる就活本【会社四季報 業界地図をご紹介しました。
就活解禁前に業界研究は【必ず】やるべき【超重要】
就活生の必需品【会社四季報 業界地図】

業界の中から企業に絞り込むには、【業績】【給料】【勤務地】【シェア】など、色んなデータを知る必要があります。また、業界から絞り込むのではなく、企業のデータ【例えば、勤務地縛り】から判断する就活生も多いはずです。

そんな願いを叶えてくれる就活本【就職四季報】と【使い方】を紹介します!
就職四季報2016年版【東洋経済新報社】

スポンサードリンク

【就職四季報】とは?

【就職四季報】は簡単に言うと、【3年後離職率】【試験情報】【採用実績】など人事に聞けないようなことも含む企業の最新データを客観的な立場で集約した就活本である。

ほぼ、全ての企業が載っています。ですので、ミクロな点から企業を知ることができます。

企業のデータを比較するのに便利!

【自分が働く上で重要な要素】は人それぞれです。【給料】【やりがい】【将来の見通し】など、たくさんあります。これが大切!と思う軸に沿って、自分に合った優良企業を選ぶには、各会社のデータを比較することが何よりも大事です。

この手助けをしてくれるのが【就職四季報】なのです!また、情報の信頼性も極めて高いので、オススメします!

【就職四季報】の使い方

では早速、【就職四季報】の使い方を紹介しますね。こちらが某企業の一面です。

就職四季報

赤字の数字順に説明しますね。

①開示度

企業が情報開示度を☆で表しています。最も開示している企業であれば、★★★★★です。★★★☆☆が平均の開示度です。開示しない場合は【NA】と表記されます。当然ですが、就活生にあまり知られたくないデータの際に使用されます。そこら辺は察してあげましょう笑

②試験情報

選考倍率やES・面接に関する情報です。基本的に【NA】が多いです。選考手順は開示されている企業も多いですので、参考にしてみましょう。【NA】であっても、先輩・就活体験記・就活生同士のネットワーク・説明会などでわかるので、心配する必要はありません

③採用数と配属先

文字通り、採用数と配属先に関する情報です。採用数でも特に注目したい数値は【どの大学から何人入社するか】です。明らかに一部の大学に偏っている場合は、【学閥】が存在する可能性があります。【学閥】が存在すると、【出世】【理不尽な選考落ち】もありえますので、確認してみることをオススメします!

配属先は必ず見ておきましょう。「首都圏だと思って入社したら地方配属だった。。。」なんてことがないように気をつけて下さい。【心の準備ができているかどうか】で就活に対する後悔の度合いも大きく変わります。必ず確認しましょう!

④3年後離職率

文字通り、3年後の離職率を表しています。数字が高ければ高いほど、新入社員の多くが会社を止めていきます。そういう場合【NA】が基本です。一方で、ホワイト企業なのに離職率が高い場合は【やりがいを求めて転職】している可能性が高いです。どちらにせよ、3年後の離職率の数値が高い場合は、OB訪問など社員さんに質問しておくと良いでしょう。

⑤有給消化年平均

ホワイト度の指標の1つである有給消化年平均です。付加日数は【20日】で一定ですので、【20日の中でどれほど消化しているのか】わかります。企業の中でも、職種によって大きく変わるので、OB訪問など社員さんに聞いた方が確実です!

⑥平均年収

みんな大好きなお給料です。お金はあった方がいいです。モチベーションに直結します。ただし、このデータを過信しすぎないでください

というのも、数値における条件で年収は大きく変わります。条件は企業によってバラバラで【総合職のみの平均年収】【一般職含む平均年収】【役員を除いた平均年収】など様々です。

また【残業代込かどうか】も重要です。これまた、OB訪問など社員さんに聞いた方が確実です!

⑦業績

売上高や利益を示したデータです。利益が赤字だと▲と表記されます。特に、【営業利益】は本業の利益を意味する数値なので、【本当に儲かっているかどうか】わかります。順調な企業かどうか判断する上で重要なポイントになるので、見ておくことをオススメします!

就活本を買う前に!

就活本を買う前に、【Amazon Student】の無料体験に登録することをオススメします。なぜって、1000円のポイントをゲットできるので、就活本をタダも同然で購入できるからです。

amazon

また、それ以外のメリットも超破格(動画見放題など)ですので、下のリンクからご登録することを推奨します!
Amazon Stundentに無料登録

♦レビューはこちら!

本を読むなら、電子書籍リーダー『Kindle』がオススメ

私の経験から、学生の早いうちに電子書籍リーダー『Kindle』をご購入することをオススメします。本・マンガを読むのがめちゃくちゃ捗る上に、低価格(タダでマンガが読めるなど)で読書できるサービスもあるからです!

私のレビューもありますので、是非参考にしてみて下さい!

♦『Kindle』のオススメレポートはこちら!
【学生 必見!】『Kindle』で本・マンガを読むメリットがヤバイので、今すぐ購入すべし

まとめ

  • 【就職四季報】は企業のあらゆる要素を確認できるバイブル
  • 自分にとって最優良企業を見つける最強の手段
  • この本は購入すべき!

◯就活本のまとめはこちら!
【就活本 おすすめ 厳選20冊】心の底から読んで欲しい就活本のまとめ 必

◯就活本の読み方・購入する基準・使い方
読む時間を大幅に短縮できる就活本の効率的な使い方

人気トップ3の就活サービスをご覧あれ!

記事の更新はこちらから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。